子どものガシャポン欲求が止まらない!!どう対処する?どこまでガマンさせる??



我が家には2歳の息子がいるんですが、最近すごいんです。

ガシャポンへの欲求が。

 

毎週1回以上はやってる。

 

平日にも、

ぼく
「ビルドのガチャガチャ、パパとやろうねぇ〜」

とすっごい楽しみにしてるんですよ。

 

だけど、最近のガチャガチャってすっごく高いんですよね。

1回200円から500円のまである。

 

なんども回してたら相当な出費になっちゃう。

 

ガチャガチャ好きな息子への対策が重要なんです。

 

ガシャポンの前は素早く通る

これは鉄則ですね。

ガチャガチャの前では立ち止まりません。

息子を抱っこして足早に通り過ぎる。

 

 

ぼく
「やるぅ〜」
ってならないようにね。

 

 

だけど、ガチャガチャ欲求が強すぎて店に入る前から

ぼく
「やるぅ〜」
って言ってる時はどうしようもないですけどね。

 

 

目的のガシャポン1つに絞らせる

お店でガチャガチャに気づいた場合。

「やるぅ〜」ってなっちゃいます。

 

そんな時は違うガチャガチャで切り抜けるのが大事。

 

我が家の息子が特に喜ぶガチャガチャは2つ。

仮面ライダーとキューレンジャー。

 

 

ガチャガチャを見て興奮した場合は、

パパ
「仮面ライダーとキューレンジャーのほうが面白いから、別なやつをやろうよ♪」
って言うんです。

 

 

そうすると、2つ以外のガチャガチャはやらずに済む。

 

息子が見ちゃったガチャガチャが、仮面ライダーかキューレンジャーの場合は諦めますが。

 

結局やるんだから親もガシャポンを楽しむ

一番の対策は親もガチャガチャを楽しむこと。

どんなに工夫しても回す時は回しますから。

どうせ回すならママ・パパも楽しんで回したほうがいいんですよ。

 

息子が仮面ライダーを気に入ったのは、私が好きだからなんす。

私が仮面ライダーを夢中で見てるうちに、息子もハマってました。

 

仮面ライダー好きの息子と私が楽しんで一緒に回せるのはブットバソウル。

 

思わずおっさんでもときめくブットバソウルのメダル

 

ブットバソウルはガチャガチャを回して出たメダルで遊ぶゲーム機。

ゲームをクリアして運がいいと、タダで1回ガチャガチャできるんです。

 

息子がガチャガチャ→パパが息子と一緒にゲーム→当たると息子がガチャガチャ

 

息子と一緒に遊べるし、私も楽しい。

最高のガチャガチャ。

 

パパも一緒に楽しむから生活費じゃなく、私の小遣いでガチャガチャしてます。

どんなにやっても家計は圧迫しないので気にせずできるのがいい。

 

息子のためとはいえ、自分が興味のないガチャガチャは小遣いから出すのはしんどいですし。

 

そもそもガシャポンをガマンさせるべきか?

我が家はガマンさせるべきだとは思ってません!

もちろん、いつでもやりたい放題で無制限にやらせる気もないですけどね。

 

家庭によっては、「子どもにまったくガシャポンさせない」って初めから決めてるでしょう。

 

だけど 、「子どもにどのくらいガチャガチャをやらせたらいいんだろう?」って 悩むママ・パパも多いじゃないでしょうか。

 

「ガチャガチャは少額とはいえ、やらせていたらガマンできない子に育っちゃうんじゃないだろうか?」

 

って悩むんですよね。

 

だけど、私は思うんです。

「毎日ママ・パパから離れて保育園に通ってるんだから、かな〜り息子はガマンしてる」って。

 

我が家は私も妻もフルタイムの正職員として働いてます。

月曜から金曜まで息子は保育所 生活。

 

先生たちが愛情を持って接してくれていても、やっぱり集団生活です。

いつも先生がつきっきりで相手をしてくれる訳じゃありません。

 

2歳になったばかりの息子は、まだまだ甘えたいはずなんです。

 

そんな息子がガマンして保育所に通ってる。

「今日は行きたくない。ママ・パパと一緒にいたい!」って泣くこともあるぐらい。

保育所でただ楽しく遊んでるだけじゃなくて、息子なりに頑張ってるんす。

 

好き放題にガチャガチャさせる気はないですけど、週末一緒に過ごす時まで過度にガマンさせたくない。

ガチャガチャを楽しみに一週間頑張れるならいいかな、って思うんです。

 

週末を楽しみに頑張るの、私たち大人も一緒ですからね。

 

さいごに

子どもにとっては魅惑のガチャガチャ。

やりたがってしょうがないない、って悩むご家庭も多いでしょう。

 

それぞれのご家庭にあったルールで適度にやりながら、ママ・パパも楽しんでガチャガチャしましょう!

 

私はブットバソウルが楽しくてしょうがないんで、子どもより熱中しないよう気をつけないと。





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す