子どもの映画館デビュー成功のコツ!3歳の息子と仮面ライダービルドを満喫



「子どもと映画館に行きたいけど、何歳から行けるんだろう?」って悩みますよね。

 

 

3歳の息子が仮面ライダーが大好きなんで、「映画館でいっしょに見れたら絶対楽しい!」

 

って思いながら、息子が映画館でちゃんと見れるか不安で悩んでたんです。

 

 

でも、勇気を出して息子といっしょに映画館に行きました。

 

不安だったけど、なにも問題なく楽しめたんです!

 

 

注意しなきゃいけないことはありますけど、映画館は子どもといっしょに楽しめます。

 

気になってるなら、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

子ども向けの上映を狙うのが鉄則

映画館には子ども向けの上映時間があるのって知ってますか?

 

子どもも見やすいように工夫されてるし、子連ればかりなので上映中に子どもがしゃべっても少しくらい問題ないんです。

 

子どもと映画館に行くなら子ども向けの上映だといきやすいんです。

 

 

もし子ども向け上映がなくても、朝一の上映を狙いましょう。

朝の8時くらいからの上映なら、子どもも多いですからね。

 

子ども向けの上映

 

※TOHOシネマズとMOVIXは定期的に子ども向けの上映をやってますが、イオンシネマは不定期です。

※TOHOシネマズとMOVIXでもすべての作品で子ども向け上映があるわけじゃないので、行く前に必ず確認しましょう。

 

 

音量が小さくて明るめ、子連れだらけだから安心

子ども向けの上映は、子どもでも安心して見れる工夫がいっぱい。

 

  • 音量が普通の映画よりも小さい
  • 照明が明るめ
  • 空調が弱い

 

 

映画館は真っ暗で大音量。

子どもだったら暗いだけで不安になるし、音量が大きいとビックリします。

 

音量が小さくて明るめなだけで、子どもはグッと映画館で過ごしやすくなるんです。

 

 

イオンシネマの「はじめての映画館キャンペーン」を楽しみました!

我が家はイオンシネマの「はじめての映画館キャンペーン」を楽しんできました。

 

はじめての映画館キャンペーンは「照明は明るめ・音量も小さめ」の上映です。

 

3歳の息子がちゃんと見れるか不安だったんですけど、最後まで楽しんでました。

 

【はじめての映画館キャンペーン注意】

仮面ライダービルドのはじめての映画館キャンペーンは平成30年8月24日(金)に終了しました。

イオンシネマ作品ごとに不定期でキャンペーンをやっているので、映画館に行く前に必ず確認しましょう。

 

 

照明は顔が見えるくらい明るい

照明は真っ暗ではなくて薄暗い程度でした。

普通の映画館だと暗くて隣の人の顔も見えません。

 

でも、はじめての映画館キャンペーンは息子の表情がはっきりとわかるほど明るかったんです。

 

 

お互いの表情が分かるおかげで、息子はたまに私の顔を見て何かを確認してはニッコリ。

 

息子も明るくて安心できたし、微笑みかけてるか息子がかわいくて私も最高でした。

 

 

音量は普通よりは小さいけど要注意

音量は小さいとはいえ映画館。

それなりのボリュームがあります。

 

大きい音量がホントに苦手な子だったら、ちょっとキツイかもしれません。

 

でも、普段の生活でカミナリみたいな大きな音に反応しないんだったら大丈夫だと思います。

 

 

子どもが興味のある映画を選ぶ

我が家ははじめての映画館で仮面ライダービルドの映画を見ました。

 

息子が仮面ライダー大好きなので、集中して見れるからです。

(私も息子に負けないくらい大好きですけどね。)

 

 

子どもと映画館に行くなら、子どもが見たいものを選ぶのが必須。

 

大人だって興味のない映画は名作でもつまらないですから。

 

子どもはつまらないとぐずるので、いっしょに映画館を楽しむなら子どもも好きな作品がいいんです。

 

 

「子どもが好きなものは大人が見てもつまらない」なんてことはありません。

 

仮面ライダーはストーリーがドラマ仕立てだから大人のほうが楽しめます。

 

子どものだからなんて思わないで、子どもといっしょに楽しめる作品を探すのもいいですよ。

 

 

トイレは上映前に必ず行く!!

子どもがトイレトレーニング中なら、必ず映画館の前にトイレに行っておきましょう。

 

我が家の息子もちょうどトイレトレーニング中なので、うっかり漏らさないかヒヤヒヤ。

 

子どもが許してくれるならオムツを履いてもらうのが確実。

 

 

息子はオムツを拒否してたので、トイレに行きたくなったら必ず言うように約束しました。

 

漏らすことも、トイレに行くこともなくて済んだんですけど、万が一はありますからね。

 

子どもとの映画館でいちばん大事なこと

子どもがぐずった場合は、映画の途中でも見るのをやめる!

 

子どもと映画館に行くのに大事な心構えです。

 

 

どんなに子ども向けの映画でも、どんなに子どもが見れるように工夫しても。

 

子どもに絶対はありません。

 

 

ちょっとしたことで子どもはガマンできなくなることがありますよね。

 

 

  • お腹が減ってつまんない。
  • 座ってるのがつまらない。
  • 理由はないけどつまらない。

 

 

子どもがぐずったりパニックになって泣きはじめたら、映画が途中でも見るのをやめましょう。

 

ほかの見てる人に迷惑になるし、「子どもを落ち着かせなきゃ!!」って自分が焦ります。

 

 

映画館に行くのが不安な理由って、「周りの人に迷惑をかけたらどうしよう。」なんです。

 

「映画代がムダになってもいいから、迷惑になる前に帰る」。

覚悟を決めておけば、気軽に映画館にチャレンジできますよ。

 

我が家も息子と「泣いたら話の途中でも帰る」って約束してました。

 

 

さいごに

我が家の息子は仮面ライダーが大好き。

(私も大好きです。)

 

家でもアマゾンプライムで息子といっしょに、仮面ライダーの映画を楽しんでます。

 

 

DVDが出るよりも早く楽しみたくて映画館に行ってきたんですけど、映画館ってすごい!

私も映画館に行くのは久しぶりだったんですけど、感動しました。

 

 

スクリーンが大きいし、音量はいろんな角度のスピーカーから流れてくる。

テレビで見るのとは臨場感がぜんぜんちがうんです。

 

 

映画館は息子にとってもいい経験になりました。

私もいっしょに楽しめましたし。

 

あなたも子どもと映画館で迫力ある映画を楽しめるといいですね。

 

 





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す