子育て世帯の賃貸物件の選び方〜我が家の後悔してるたった1つのポイント〜



子どもが生まれると引越しを考える家庭も多いんじゃないかな。

1歳8ヶ月の息子と暮らす我が家もマイホーム計画進行中で引っ越す予定だし。

 

ただ、我が家の場合は現在の住まいに大きな不満があるから何です。

しかもこの不満、子育ての中から生まれてきました。

 

この不満さえなければ、もっと長く住んでたでしょう。

 

でも、子どもとの生活って生まれる前は想像しにくいんすよ。

我が家のような状況にならないために、子育てに向いてる家を考えてきましょう。

 

我が家は賃貸だけど子育て向きだよ

 

大きな不満があると言いましたが、我が家は子育て向き。

それそれポイントを書きましたが、どうでしょう。

まさしく理想的じゃないっすか?

間取りはこんな感じ

 

となりの子どもの泣き声が聞こえないほどの防音

我が家のお隣も1歳〜2歳くらいの子どもがいるんですが、泣き声が全く聞こえません。

家の中を静かにし、集中すれば聞こえる程度。

防音がしっかりしてると子どもの泣き声で気を使う必要がないからいいよね。

 

夏涼しく、冬暖かいを実感できるほどの断熱

築年数の浅い新しい物件に住んでるので、断熱性能がすばらしい。

夏は家に入ると冷房なしでもヒンヤリするし、冬は暖房なしでも暖かい。

(もちろん、帰ってきたらエアコンつけるけどね。)

 

帰ってきて地獄のように暑い、北極のように寒いわけじゃない。

小さい赤ちゃんがいると部屋の気温も気になりますから。

 

子どもを見渡せる1LDK

間取りは1LDK。

だから、キッチンでご飯を作ってても、洗い物してても子どもの様子を見てられる。

子どもから目を離すのって何があるかわからないし、キッチンは対面に限る。

 

火事の心配が少ないオール電化

子どもがいじって火事になっちゃった、って心配はいらない。

住む前はIHコンロを上手に使えるか不安だったんだけど、慣れると快適。

もうガスの生活には戻れません。

 

子育て向けだけど残念なたった一つのポイント

 

おしゃれだし、新しいし、使いやすい。

妻と住み始めた時は最高の物件だと思ってましたよ。

 

ただ、子育てが始まると一つの大きい問題が。

 

我が家は1LDKでリビングと寝室が隣り合ってるんですが、

部屋の仕切りが透明!

 

何が問題って、明かりが漏れるんす!!

 

子どもって寝るの早いんです。

当たり前だけど。

 

子どもが寝た後にリビングの電気をつけておくと光が漏れて寝室が明るする。

で、子どもの眠りが不安定になっちゃうんです。

 

だから、我が家では息子が寝た後はリビングの電気は消して、キッチンの電気で生活してます。

テレビも画面が眩しすぎるので見れません。

 

そうすると、薄暗い中での生活だし、それでも寝室にはキッチンの光が届いちゃう。

子どもの眠りが特に不安定な時は、リビングもキッチンも電気を消すしかありません。

 

真っ暗ですよ。真っ暗。

 

そうすると洗面室で電気をつけて過ごすしかないんです。

 

夜に明るいところで生活したい。

子どもが寝た後はテレビだって見たい。

 

これが我が家の大きな悩みなんです。

 

だから、

どんなにおしゃれな家でも、

どんなに便利な家でも、

仕切りが透明な物件だけは絶対に選んじゃダメ!

仕切りが透明っておしゃれでよく見えるんですよ

 

これから子育てする家庭はよく考えてお家選びを

 

結婚して、新しい新居で暮らし始める人はおおいでしょう。

 

 

そして新居選びは、

 

新しいか

おしゃれか

快適か

 

を考えて選ぶでしょう。

 

 

だけど、いずれは子どもが生まれてきます。

子どもが生まれてきてくれると、それまでの生活は一変して家に求めるものも大きく変わる。

 

だから、新居を選ぶ時は今だけでなく、先のことも考えて選びましょ!

そうすれば長く住める物件に出会えるはず。

 

最後に

我が家は現在の住まいに大きい不満があります。

でも家って実際に住んでみないとわからないから難しいんですよね。

我が家ではマイホーム計画を進めてますが、やっぱり間取りは慎重に考えてます。





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す