オムツが臭すぎて辛いなら防臭ビニール袋がオススメ!クリロン化成のBOSが最強

クリロン化成のBOSでオムツ臭い解決



子どものオムツってめちゃくちゃ臭いですよね。

 

息子がおっぱいだけのときは、「うんちでもあんまり臭くないし、余裕!」でした。

 

 

でも、離乳食が始まったら立派なうんちをするように。

2歳のいまとなってはオムツ交換時に臭いでめまいがするほど強烈なときもあるくらい。

 

 

交換するときも大変だし、ゴミの日までの保管も臭くて大変。

 

オムツの臭いに苦労した我が家ですが、防臭ビニール袋の「クリロン化成のBOS」を使うようになってすべて解決しました。

 

「クリロン化成のBOS」は防臭がすごくてまったく臭わないんです。

 

おかげで息子のオムツ交換も臭いが減って、楽になりましたよ。

 

 

 

オムツが臭いならクリロン化成のBOSが最強

「クリロン化成のBOS」はオムツの臭いに悩んでるなら一番オススメ。

 

私がオススメしたい理由は3つ。

 

  • まったく臭いをとおさない
  • 専用ゴミ箱がいらないので気楽に試せる
  • ビニール袋だから外出のときも持っていける

 

 

オムツ専用ゴミ箱と比べて、圧倒的に気軽なんです。

しかも、確実に臭いをシャットアウトしてくれる。

 

今すぐ使って強烈なオムツの臭いから解放されましょう。

 

ただの袋にしか見えないのにまったく臭いをとおさない

見た目はただのビニール袋なのに、まったく臭いをとおさないんです。

 

はじめて買うときは「どうせ臭うんだろ」って疑ってました。

 

 

でも、使いはじめて「クリロン化成のBOS」の実力にびっくり。

 

 

うんちのオムツを「クリロン化成のBOS」に入れて恐る恐る鼻を近づけると・・・。

 

 

ほとんど臭わない!!

 

 

ほんのちょっとだけ臭うけど、もとの臭いと比べたらほぼ無臭。

 

なんでビニール袋に入れるだけで臭いがしないのかはさっぱりわからないけど、実力は本物ですよ。

 

 

専用ゴミ箱はいらないので気に入らなかったら使うのをやめればいいだけ

オムツ専用のゴミ箱もあるけど、ゴミ箱本体が高い!

 

試しに買ってもし気に入らなかったとき。

買ったゴミ箱がムダになりますよね。

 

家に置いてるとジャマだから、せっかく買ったのに捨てるかもしれないし。

 

「クリロン化成のBOS」なら防臭ビニール袋なので、使って気に入らなければ普通のビニール袋として消費できる。

 

家に置いといても場所もとらない。

 

気軽に試せるんですよ。

 

気に入らなくて使わなくなるかもしれないゴミ箱なんて、持ったいなくて買いたくないですよね。

 

ビニール袋だから外出のときも持っていける

オムツ専用のゴミ箱は家でしか使えません。

家に置いてあるんだから当たり前ですよね。

 

だけど、「クリロン化成のBOS」ならビニール袋だから、お出かけのときも持っていける!

 

 

子どもが出かけ先でうんちをすることってあるじゃないですか。

 

オムツ交換の場所にゴミ箱があれば捨てていけますけど、なければ持って帰るしかない。

 

 

普通のビニール袋に入れても臭いはダダ漏れ。

そのままバッグやポーチに入れたら、地獄のような臭いが付いちゃう。

 

 

でも、「クリロン化成のBOS」さえ持ってれば出かけ先での急なうちんも怖くない!

 

「クリロン化成のBOS」に入れれば臭いはしないので、安心してオムツポーチに入れて持って帰りましょう。

 

 

「クリロン化成のBOS」を使うときの注意点

臭いをほとんど封印してくれる「クリロン化成のBOS」だけど、気をつけて欲しいことが。

 

袋の入り付近にはうんこをつけないようにしましょう!

 

クリロン化成のBOS 注意点

 

袋を結ぶと入り口は結び目になるから、うんこを密封できなくなるんです。

 

どんなに優れた防臭力も、袋の中にブツを入れられなきゃ無意味。

 

結び目から臭っちゃうんです。

 

袋の入り口に付かないようにグイッと入れましょうね。

 

 

Sサイズなら2歳児のオムツが3つ入る!

我が家が使ってるのはSサイズ。

 

我が家には0歳と2歳の可愛い息子がいます。

 

「クリロン化成のBOS」のSサイズには、0歳の弟オムツなら4個、2歳のお兄ちゃんオムツなら3個入ります。

 

冬場は大だけを「クリロン化成のBOS」に入れてたんですけど、夏が近づいてきておしっこも臭いので小も入れるようになりました。

 

「クリロン化成のBOS」にいれればほとんど臭わないので、普通のゴミ箱をオムツ専用にしてます。

 

クリロン化成のBOSでオムツの臭いとさようなら

オムツの臭いって子どもが大きくなるほどすごくなりますよね。

 

どんなに息子が可愛くても、臭いもんは臭い!

 

 

私にとって大のオムツ交換は苦痛でした。

(オムツ交換は出来るだけ息を止めて臭いを嗅がないようにするくらい。)

 

 

「クリロン化成のBOS」を使うようになってからは苦痛が和らいだんです。

 

袋に入れちゃえば臭いしないですから。

(袋に入れるまでは息止めてますけどね。)

 

 

子どものオムツ交換は毎日のこと。

 

 

多少お金がかかっても苦痛から解放されませんか?

うんちオムツが臭くない世界があなたを待ってますよ。

 

 

 

さいごに

早くオムツを卒業してくれればいいんですけどね。

我が家の2歳の息子はまだまだその気がありません。

 

気が向いたときは、パンツをはいてトイレトレーニング(トイトレ)せてるけど、まだぜんぜん。

 

早くオムツを卒業して欲しいけど、息子のペースに合わせてやってきます。

 

オムツ卒業までは「クリロン化成のBOS」にお世話になるしかないですねぇ。





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す