新築戸建ての庭に木を植えても虫や世話は大変じゃない!緑のある暮らしを楽しもう



家の打ち合わせが終わると、次は外構。

外構にも人それぞれのこだわりポイントがあります。

 

  • 玄関までのアプローチを作りたい。
  • おしゃれな門柱が欲しい。
  • カーポートは必須でしょ。

 

いろんな要素があると思いますけど、我が家が最初に思いついたのは、「木=シンボルツリーを植えたい!!」でした。

 

家に木があると、なんか落ち着くしナチュラルな見た目になりますよね。

でも、「木を植えると虫がくるかもしれないし、水やりなどのお世話が必要になるかも」って思うと不安もあります。

 

心配はあったんですが、我が家はできるだけ虫が付きにくいと言われてる木を3本選びました。

家に住みはじめて1年になりますが、虫がついてたことはありませんし、夏場以外は水やりもしてません。

木のお世話が負担になるかもと心配でしたが、ぜんぜん大変じゃありませんでした。

 

我が家の木は落葉樹で冬には葉っぱが落ちるので、落ち葉拾いは大変でしたけどね。

 

木(シンボルツリー)がある暮らしは落ち着く

木(シンボルツリー)が植えてあると、家の雰囲気が良くなります。

我が家は門柱もないし、立派なアプローチもありません。

駐車場がコンクリートになってるだけ。

 

でも、木(シンボルツリー)が植えてあるおかげで、質素な感じはしません。

 

夏は青々とした葉っぱに光が反射してて綺麗です。

シャラノキ

 

冬は木のつぼみを見ると春が待ち遠しくなります。

玄関脇にあるシャラノキ

 

木があるだけで家の見た目は良くなるし、季節を感じることもできます。

日々の生活を楽しむためにも、木(シンボルツリー)は植えたいですよね。

 

木を植えると目隠しにも便利

我が家の庭にあるヤマボウシ

 

我が家は北向き道路の土地に建てたので、庭は南側にあります。

南側は道路じゃなくて隣のお宅なので、普通の家よりは人目を気にする必要はありません。

 

でも、たまに庭を散策してるお隣さんと目があっちゃうんです。

正直に言って、ちょっと気まずい。

 

我が家からお隣さんが見える位置に植えてあるのがヤマボウシです。

もっとヤマボウシが大きくなって、いい目隠しになることを期待してます。

 

大人の背丈ほどの目隠しフェンスさえ設置すれば、お隣さんと目が合うことはありません。

でも、大きいフェンスは圧迫感がすごい。

 

目隠しが必要な場所が部分的だった我が家には、木を植えるのがぴったりなんです。

 

木を植えるときは虫と手入れ心配

木を植えるには大きな問題が2つあります。

 

  1. 木に虫がやってくる。
  2. お世話に手間がかかる。

 

木を植えたいと思ってもなかなかできないのは、2つの問題が気になるからです。

我が家も外構の打ち合わせをしてるときに、悩みましたけど勢いで植えました。

 

でも、意外と虫で困ることも、お世話が大変になることもありませんでした。

 

我が家がチョイスしたのはヤマボウシ、エゴノキ、シャラノキ

選んだ木を基準は2つです。

  1. 虫がつきにくい
  2. 水やりなどの手間がかからない

 

基準を満たしてる木を庭に2本、家の正面に1本植えました。

  1. エゴノキ
  2. ヤマボウシ
  3. シャラノキ

 

私が気づいてないのかもしれませんが、3つの木に虫がついてることはありませんでした。

お世話も夏場の水やりだけ。

 

我が家は芝生があって、春から秋にかけて芝生に水をまくので、ついでに木にも水をあげてました。

芝生のついでなので、ぜんぜん大変じゃありません。

(木よりも芝生のほうが確実に手間がかかります。芝生の手入れも、別に大変ってほどじゃないですけどね。)

 

想像してたよりも大変だったのは、虫やお世話ではなく、落ち葉。

我が家が植えた3本は、どれも冬には葉っぱが落ちる落葉樹なんですが、落ち葉がとにかく多い。

 

落ち葉を拾うのは、思ったよりも時間がかかりますよ。

(我が家の周りは木を植えてる家庭が多いので、我が家の落ち葉なのか、ご近所さんの落ち葉なのか分かりませんけどね。)

 

さいごに

木を植えさえしなければ、虫の心配をする必要もないし、水やりも全くする必要がありません。

でも、私は木を植えることをおすすめします。

 

家に住むのも、多少は手間がかかったほうが楽しいです。

木の世話や家のメンテナンスをすると愛着が湧いてきます。

質素な外観でも、木があると季節感がでておしゃれに見えるし。

 

悩んでるなら、1本くらいは植えちゃいましょう。

 

外構について、もっと読みたい場合は『新築の内装やインテリア、外構を決めるときに読みたい記事』をご覧ください。

 





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す