家が暑いならシェードが効果的!日射を防がないと新築でも夏が地獄の暑さ



家を建てるとき高気密・高断熱って言ったじゃん!

2階が激アツじゃん!!

 

 

暑さに苦しんでるごろごろです。

夢にまで見たマイホームで、想像もしなかった暑さにあなたも苦しんでるんじゃないですか?

 

高気密・高断熱住宅のはずなのに、夏にあまり涼しくない理由があります。

 

日射対策ができてないんです。

 

熱=光

壁の断熱材はしっかりしてても、熱が光として家に入ってきてるんですよ。

 

窓さえなければ光=熱が入ってこないので、洞窟みたいに涼しい家になります。

電気をつけないと部屋が真っ暗な窓のない家なんて、住みたくないですけどね。

 

 

夏の暑さ対策で大切なのは光=熱を家に入れないこと。

 

暑くて苦しんでるなら、光の侵入を防いでくれるオシャレアイテムのシェードがおすすめですよ。

 

 

夏の暑さ対策にはシェードが最強

夏の暑さをやわらげるにはシェードがいちばん。

 

  • 光=熱が室内に入るのを防げるし。
  • シェードの下に空間ができるから窓を開けても風が入る。
  • 家の見た目もかわいくなる。

 

 

シェードは夏のマイホーム必需品。

 

シェードじゃなくて、オーニングとかスダレって言う人もいますけどね。

 

 

 

日の光を入れないのがいちばんの暑さ対策

夏の暑さ対策でいちばん大事なのは光を家に入れないことです。

 

暑さ対策といえば通風と思い込んでいる人が多いですが、通風よりも日射遮蔽の方がはるかに効果は大きいのです。

『ホントは安いエコハウス』(著者:松尾和也、日経BP社発行)P30より引用

 

 

高気密・高断熱住宅にすれば冷房の効きがいい家になります。

壁の中にある断熱材が、家の中の冷たい空気を外に逃がさないんです。

 

 

冷房の効きをよくしてくれる断熱材ですけど、家の中のあたたかい空気も外に逃がしません。

日の光として室内に入ってきた熱もほとんど逃がさないんです!

 

 

断熱材が使われた高気密・高断熱住宅は、窓から熱=日の光が入り続ける限りずっと暑いんですよ。

冷房の効きはいいけど、冷房を消すとすぐに暑くなる。

 

 

高気密・高断熱住宅で夏に涼しく過ごしたいなら、日の光を入れないのが大事なんです。

 

 

いちばん光を遮断しなきゃいけないのは東と西

窓あれば光が入ってきますけど、とくに気をつけなきゃいけない場所があります。

 

東面と西面です。

 

東から入ってくる朝日と、西から差し込む西日はとっても強い。

部屋をすごく暑くさせるんです。

 

 

『エコハウスのウソ』(P219)でも日差しをシャットアウトするなら、東面と西面が大切って書いてあります。

 

 

だから、シェードは東面や西面にある大きな窓に設置するのが効果的。

我が家は和室にある東面の窓にシェードを設置してます。

 

 

南面からの直射日光を屋根やひさしで防ぎきれない場合は、南面にも設置するといいですね。

我が家は2階がすごく暑いので、2階バルコニーにもシェードをつけようか悩み中です。

 

 

日差しを防ぐならカーテンよりシェードのほうが効果抜群

日の光を窓から入れないにはカーテンを閉めとけばいいんだ!、って思いがち。

 

たしかにカーテンを閉めるのもいいです。

でも、カーテンよりもっと効果的なのがシェード。

 

日の光はカーテンを使って家の中で防ぐより、シェードを使って家の外で防ぐほうが効果的なんです。

 

カーテンのように窓の内側で日射を遮蔽する場合、日射は4割ほどしかカットできませんが、窓の外側で遮蔽すると8割程度をカットできます。

『ホントは安いエコハウス』(著者:松尾和也、日経BP社発行)P30より引用

 

家を涼しくするポイントは、家の外で光をシャットアウトですよ。

 

 

家の見た目もかわいくなる

シェードは日の光を防いでくれるだけじゃありません。

家の見た目もかわいくなるんです。

 

昔のすだれとちがって、シェードにはいろんな柄があります。

ナチュラルでシンプルなものから、南国リゾート風のものまで。

 

 

暑さ対策と見た目のオシャレ感アップが同時にできるのが、シェードなんですよ。

 

 

 

シェードを窓に取り付ける方法

シェード は家の外につけるカーテンみたいなもんです。

 

上部をフックで、下部は重しやビスで固定します。

 

上部フックにもいろんなタイプがあります。

  • サッシにネジで固定
  • マグネットで固定
  • シールで壁に固定

 

 

我が家は最初にマグネットで固定しようとしました。

サッシや壁をまったく傷つけなくて済むんで、マグネットがいいと思ったんです。

 

 

 

でも、ダメでした。

サッシがアルミ樹脂複合なので、外側はアルミです。

アルミだからマグネットも使えると思ってたんですけど、くっつきませんでした。

 

 

いまはサッシにネジで固定するフックを使ってます。

ほんのチョットキズもつくけど、よーく見ないとわからない程度だから気にしてません。

 

 

下部はビス留めじゃなくて重しを使ってます。

我が家が設置してる窓はテラスの前だから土じゃないんです。

 

 

土だったらビスのほうがガッチリ固定できていいのかもしれません。

重しだったらどこにでも設置できるので便利ですよ。

 

 

 

シェードのサイズは大きめを選ぶのがおしゃれに見せるポイント

暑さ対策をしながらオシャレなシェードを付けたいなら、サイズ選びがとっても大事。

シェードってすだれとちがって、ちょっとナナメに設置されてるのがオシャレですよね。

 

 

我が家のシェードはサイズ選びで失敗しちゃいました。

 

 

タテの長さが窓に対して短すぎたんです。

窓はぜんぶ覆えてるんですけど、ナナメといううよりほぼ垂直。

 

 

できればもっとナナメにしたかった。

 

シェードを選ぶときは、長さは窓よりも長めがポイントですよ。

 

 

さいごに

せっかく建てたマイホームが夏に暑いとガッカリしますよね。

場合によっては、「もっと高性能(高断熱)の家にすればよかった」って後悔します。

 

 

でも、後悔してもなにも変わりません。

今のマイホームでどうやったら楽しく・快適に過ごせるか考えましょう。

 

 

家を建て直すことはできなくても、住みやすくする工夫ならあるんです。

あなたのマイホームライフも、シェードを活用して涼しくオシャレになるといいですね。

 

寝室が暑い!って方はサーキュレーターもいいですよ。

 

寝室が暑いならサーキュレーターを使おう!間取りの工夫が一番だけど





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す