当ブログが新しくなりました!

一条工務店と契約解除すると契約金の100万円はどうなってしまうのか?



我が家はマイホームを建てるメーカーを決める段階で、一条工務店が第一候補でした。

でも、最終的にはウンノハウス(南東北限定の地域ビルダー)をパートナーにマイホーム計画を進めることに。

 

ウンノハウスに出会うまでは一条工務店ラブだったので仮契約してました。

仮契約してたのでウンノハウスで家を建てるためには解約が必要だったんです。

 

解約するときは不安もありましたよ。

  • 解約までにどのくらい期間がかかるのか?
  • 契約金の100万円は返してもらえるのか?

 

でも、我が家は無事に一条工務店と解約して、契約金の100万円も返してもらえました。

(100万円全額じゃありませんでしたけどね。)

 

  • 一条工務店との仮解約を考えてる人
  • 一条工務店と解約する気はないけど、万が一のときの手続きを知りたい人

 

そんな不安を抱えてるあなたに一条工務店との仮契約を解除するとどうなるか、お答えしましょう。

 

一条工務店と解約した理由は「断熱性能とコスパがいい一条工務店を、我が家が選ばなかった理由」をご覧ください。

 

 

我が家は100万円のうち98万円が返金!

いちばん気になるのは返金額でしょう。

 

我が家の場合、返金額は98万円

 

契約金が100万円だったので、2万円だけ戻ってきませんでした。

 

2万円が返ってこなかったのは、契約書に添付する必要な印紙代が100万円から引かれてるからです。

印紙代が2万円だったんです。

 

100万円から仮契約後にかかった実費を差し引いた額が返金される

一条工務店との仮契約を解除すると、契約から解除までにかかった実費を100万円から引いたお金が戻ってきます

 

我が家は設計打ち合わせをしてなかった(設計契約を結んでなかった)ので、印紙代だけが実費としてカウントされました。

 

印紙代の2万円は返ってきませんでしたけど仕方ないですね。

 

実際にかかってる経費は印紙代だけじゃありません。

契約までに対応した営業の人件費もあるし、打ち合わせのお茶代だってある。

 

実費として差し引かれたのが印紙代の2万円だけなんだから、かなりマシなほうです。

ネットや知人の話を聞くと、契約金が丸々返ってこなかったなんてメーカーもあるみたいですから。

 

でも、解約金で気をつけなきゃいけないのは「実際にかかった実費を除いた契約金が返金される」ってこと。

 

我が家は設計打ち合わせに入る前だったので、実費が2万円だけでした。

だけど、設計打ち合わせに入ると設計に着手したことになります。

 

設計打ち合わせに入った段階で設計契約の金額は返ってこなくなります。

 

解約する可能性があるのなら打ち合わせを進める前に、「どこまで進めたら返還金がいくら減るのか」は忘れずに確認しましょう。

 

相手に言いにくいからと遠慮すると自分に不利益になるし、解約する際のトラブルのもとになります。

 

自分と担当営業のためにも、お金の話や解約可能性については正直にガンガン話してきましょう。

それができるほどの信頼関係がないなら、マイホーム計画のパートナーにはふさわしくありません。

 

 

仮契約の解除を申し出たあとのやりとり

我が家が一条工務店の担当営業に契約解除を申し出たのは2月末。

 

解約の申し出をする前から、他メーカーも再度検討していること。

場合によっては契約解除することをやんわり伝えてました。

 

おかげで解約を伝えたときは営業はショックを受けなかったようです。

 

解約の申し出はメールでしたんですが、「一条工務店の社内規定で解約の理由を聞くことになってるので」、と打ち合わせをお願いされました。

 

本当は面倒なのでメールですませたかったんですが、少しは世話になった営業だったので仕方なく一条工務店に行きました。

 

確認内容は「解約を考え直してもらえないか」ということでした。

でも、きっぱりと解約の意思を告げるとしつこく説得されることはありませんでした。

 

仮契約を解除してから100万円の返金までにかかった時間

解約の打ち合わせ以降は書類のやりとりだけで手続きを進められます。

一条工務店から書類が送られてきて、2回ほど書類を提出しました。

 

実際の返金までかかった日数ですが、2月末に解約を申し出て返金されたのが5月上旬。

約2ヶ月ほどの期間がかかりました。

 

もうちょっと早く処理してほしかった

お金が返ってくるまでホントに返金されるのか不安でした。

 

間違いなく返金はされますが、時間がかかるのは覚悟してください。

 

我が家が一条工務店と仮契約した理由は坪単価

一条工務店で建てると決めたので仮契約しました。

でも、土地が決まらなくて設計打ち合わせが始まらなかったんです。

 

土地を探してる間にウンノハウスと出会い、一条工務店と解約することになりました。

 

 

土地も決まっていないのに一条工務店と契約していた理由は、坪単価。

一条工務店で家を建てるときは坪単価で費用がかかります。

 

坪単価70万円×家の面積30坪=2,100万円

(ざっくりイメージでこんな感じ。)

 

坪単価が変わると家を建てる費用がぜんぜん違ってきます。

費用に大きく影響する坪単価ですけど、定期的に値上げされるんですよ。

 

営業の人に今後も値上げ予定だけど、「契約してもらえれば契約時点の坪単価が適用される」って教えられました。

契約があとになればなるほど同じ家を建てるのにもお金がかかりますよ」ってことです。

 

そのため我が家は土地も決まってないのに契約しちゃいました。

(いま思うと土地も決まってないのに契約するのはまずいですよね。)

 

仮契約=建築請負契約なので要注意

ハウスメーカーとの打ち合わせを重ねてると、「仮契約だから大丈夫ですよ」と営業に契約を勧められるでしょう。

一条工務店に限らず、どこのメーカーでもそうです。

 

 

だけど注意してください。

契約に仮なんてないですから。

 

仮契約は間違いなく、工事請負契約です

 

 

工事請負契約の後に、間取りなどの打ち合わせがすべて終了した段階で工事着手に合意して着工となるんです。

工事着手合意=本契約って説明されることが多いんですよね。

 

 

工事請負契約(仮契約)を結ぶには契約金が必要ですけど、一般的には100万円くらい。

契約すると解約のときに100万円(契約金)が返してもられるかが大きな問題となります。

 

一条工務店の場合はかかった実費を除いた契約金を返してくれるからいいですけど、他のメーカーではどうなるかわかりません。

 

ハウスメーカーと契約するときは十分に注意しましょうね。

 

さいごに

一条工務店は解約にも応じてくれるし、100万円の返金が減額される理由もちゃんと説明されます。

返金されるから軽い気持ちで契約しましょうなんて言えないけど、解約が必要なときはちゃんと対応してもらえるから安心ですよね。

 

でも、できることなら100万円を払ったあとの解約なんてしないほうがいいんです。

我が家が契約解除が必要になった反省点は2つ。

 

  1. 土地が決まってないのに契約した
  2. ちゃんと他のハウスメーカーを検討してなかった。

 

ハウスメーカーの話を聞くのって時間もかかるしめんどくさい。

本命の1社しか詳しく調べないで他社は検討してなかったりするんですよね。

 

 

でも、最近はインターネットで申し込むだけで無料で見積もりと間取りを作成してくれるタウンライフ家づくりといいうサービスまであります。

契約してから他の会社も気になって後悔しないように本命以外の会社も検討しましょうね。

 

タウンライフ家づくりで無料の見積もり・間取り依頼をするにはこちら

 

我が家が断熱性能がいい一条工務店と解約したのは「値段が高かった」のが一番の理由です

断熱性能とコスパがいい一条工務店を、我が家がやめた理由は高いから!

 

「ハウスメーカーの選び方」カテゴリの記事をもっと読む。






気軽にシェアしてね!

4 件のコメント

  • ブログを拝見させて頂きました。
    一条工務店で契約して設計契約もして間取の2回目の打ち合わせが終わりました。がイマイチ望んでいた間取りにならず解約も考えています。
    設計契約して間取まで進んでいると20万くらいの解約金でしょうか?解約金の計算依頼したら時間がかかると言われ20万くらいと口頭で言われました。

    • s.kさん、コメントありがとうございます。
      設計の契約が済んでるのであれば、契約書に解約金に関する規定はないでしょうか?
      契約書に解約金の額が明記されているのなら、その額になると思われます。
      (私は設計契約まで結ばなかったので、設計契約書を見たことがないので詳細がわからないんです。)

      間取りは生活のしやすさに直結するので、解約まで検討するのは当然ですね。

      ですが、一条工務店レベルの「高断熱・全面タイル・全館床暖房」を、一条工務店より安くできる会社はなかなか無いと思います。
      解約した後に後悔されないように慎重にお考えください。

      ちなみに、我が家はまったく後悔しておりません。

  • 私は昨日解約の金額が連絡あり15万円取られました。
    地盤調査はタダと聞いてましたが4万2千円請求されました。設計料が86400円、印紙代20400円です。設計料といっても営業マンが書いた図面です。
    お金はかからないと言ったものにかかるのが一条工務店です。

    • エブリィさん、コメントありがとうございます。

      15万円も取られてしまったんですね。
      一条工務店の地盤調査はたしか、外部委託じゃなくて社員がやってたと思いますが、費用請求されたんですか!?
      私の手元に残ってる見積もりを見ても、地盤調査費用は入っていないので、お金がかかるのは納得できませんよね。
      (一条工務店のホームページにも無料地盤調査の案内がありますし。)

      営業を通してではなく、本社に直接問い合わせをしたら対応が変わったなんて話も聞いたことがあるので、試しに問い合わせしてみるのもいいかもしれません。
      https://www.ichijo.co.jp/inquiry/form/advice

      ただ、一条工務店は一部地域では地域独自のフランチャイズ経営もあるので、本社直営じゃなくフランチャイズ経営の地域だったら、ホームページから問い合わせしてもまったくのムダになってしまうかもしれません。

      我が家の営業は図面はまったく書けず、土地も決まっていなかったので印紙代だけですみました。
      我が家もエブリィさんと同じで15万円も請求されてたと思うとゾッとします。

      大変でしたね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    管理人ごろごろと当ブログ

    『趣味はないが子育て奮闘中』をご覧いただき、ありがとうございます。管理人のごろごろです。私とブログの紹介を記事にしたので、気になる人はチェックしてくださいね。