ライブナチュラルプレミアムのブラックチェリーは挽板フローリングでお手入れ楽々なのに経年変化が楽しめる



 

家の中で壁の次に面積が広い床。

だから、床材を何にするかで家の雰囲気もだいぶ決まっちゃいます。

マイホームを建てようとしてる我が家ですが、何かと悩んで朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムにしました。

 

お手入れが楽々の複合フローリング

 

複数の木を接着剤で貼り合わせた合板の表面に、薄くスライスした木を貼ったもの。

無垢フローリングが温度や湿度の変化に弱く、木が膨張や縮小して隙間ができてしまいます。

 

それに対して、複合フローリングは接着剤で固めているため膨張や縮小が少なく温度や湿度の影響に強い

他にも、ワックスフリーであったり、汚れも落としやすく、非常に扱いやすく優れた床材。

メンテナンスで優れており、ワックスフリーなどの機能的にも優れている複合フローリンですが気になる点も。

 

それが接着剤。

 

シックハウスの原因になる可能性はあります。

敏感な人は無垢(単層)フローリングを選んだ方がいいでしょうね。

 

本物の木の味を楽しめる無垢(単層)フローリング

 

無垢(単層)フローリングは複合フローリングと違って1枚の木の板です。

だから、木材特有のぬくもりや温かみが感じやすいのが特徴。

無垢フローリングを使用することで家全体の風格が増すこと間違いなし。

 

ただ、無垢フローリングを採用する場合に忘れてはいけないことが。

 

複合フローリングで説明したように、温度や湿度の変化による縮小・膨張が生じること。

そのため、フローリング同士に隙間が生じ、隙間にゴミが入っちゃうことがあります。

 

また、複合フローリングと比べるとどうしても傷がつきやすい。

複合フローリングは表面に傷がつきにくい加工が施されてますが、無垢フローリングではそうはいきません。

 

そしてもう一つが経年変化。

これは無垢フローリングの素晴らしさでもありますが、日光に当たることによある変色・変化(経年変化)が起きます。

こういった特徴を踏まえて選ばないと必ず後悔することになるので、忘れずに。

 

我が家は複合フローリングに決定!!

 

私は無垢フローリングもいいと思ってました。

縮小したり、膨張したり、ワックス必要だったり手間はかかる。

だけど、経年変化を楽しめて肌触りもいい無垢は永く付き合っていくことができる

メンテナンスやリフォームをしながら家を大事にしてこうと決めた我が家にピッタリだから。

 

 

だけど、妻の一言。

 

「まだ息子も小さいし、共働きで家事に時間を割けないから無垢はなし。」

 

 

確かに、平日は息子のご飯や寝かしつけで夜はあっという間に終わるんですよ。

無垢フローリングを採用した場合、水や汚れに弱くこまめな掃除が必要になるかもしれない。

 

そうなったら生活する上で負担になります。

生活の負担になる家なんて住み心地がいいわけがない。

ということで、我が家では複合フローリング採用!!

 

複合フローリングでも風格抜群の挽き板がかっこいい!

 

ウンノハウスで選べるフローリングは標準でウッドワンかリクシル。

そこにオプションで朝日ウッドテックのライブナチュラルシリーズがあります。

この中でも我が家はウッドテックのライブナチュラルプレミアムをチョイス。

ライブナチュラルシリーズにはライブナチュラル(突き板)とライブナチュラルプレミアム(挽き板)があります。

なぜ、ライブナチュラルプレミアムを選択したか。

 

それは、無垢フローリングへの未練があったから。

 

複合フローリングは突き板(つきいた)と挽き板(ひきいた)の2つに分類できます。

 

で、これらの違いは何なのか。

 

表面の木の厚さです。

 

複合フローリングは合板の表面には本物の木の薄い層が貼られてる。

この木の層が突き板では0.2ミリであるのに対して、挽き板は2ミリ。

どちらも薄いよう思えますが、この差が大きく挽き板では無垢のような肌触りにちかくなる、らしい。

実際サンプルを触らせてもらったところ、突き板よりも肌触りがいい。

 

しかも、見た目が美しいんですよ。

メンテナンスの面から無垢を却下した妻も、その見た目と風合いに一目惚れ。

我が家では挽き板の朝日ウッドテック ライブナチュラルプレミアムを採用することに。

 

我が家はブラックチェリーで決まり

 

ライブナチュラルプレミアムで選べる木の種類は全てで5つ。

 

ブラックチェリー

ブラックウォルナット

ハードメイプル

オーク

アッシュ

画像は全て朝日ウッドテックのHPから引用

https://www.woodtec.co.jp/products/lineup/flooring/livenaturalpremium/standard/

 

我が家はブラックチェリーに決定。

お家の雰囲気としてはナチュラルなものに憧れてたので、アッシュも悩んだんです。

ただ、決めてはブラックチェリーの経年変化。

ブラックチェリーは「時間が経つほどに艶が増していき、飴色になっていく」とのこと。

劣化ではなく特性として色が変わってく、っていうのにグッときました。

 

 

「古いもの=価値が低くなったもの。」

こういう考えが一般的ですが、そういうの好きじゃないんです。

 

 

好きなもの、気に入ったものは愛着持って長く使っていきたい

だから、時間の経過と共に変化が楽しめ床材を選びました。

家が建ったらブラックチェリーがどんな風に変化していくのかが楽しみ。

 

最後に

床材はお家の雰囲気を決める部分。

決めるのはすごく楽しいけど、あれこれ悩みますよね。

でも、最後は愛着が持てるかどうか。

床材に惹かれるのであれば無垢か挽き板を。

床は床でしょ、と感じるのなら標準内で選んで予算を他のことに使う。

これがいいんじゃないかな。

 

だけど、子育て世帯には突き板か挽き板の複合フローリングがおすすめ。

子どもの食べかすや飲み物をひっくり返して床が濡れるなんてのはよくあること。

そう考えると、子育て世帯はメンテナスや汚れに強い複合フローリング一択でしょう!

 

2017.7.30追記

一度はライブナチュラルプレミムスタンダードのブラックチェリーにしたんですが、変更しちゃいました。

変更した商品はライブナチュラルプレミムRUSTICのオーク。

このRUSTICは木の風合いがそのまま表現されてて、かっこいいんす。

もはや、無垢よりも無垢っぽい。

この記事もチッェクしてください。

ライブナチュラルプレミアムRUSTIC(ラスティック)は木の味わいが深いナチュラルな挽板フローリング

 

 





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す