マイホーム新築なら予算に合わせて選ぶが鉄則!カーテンはどこで買う?



なにかとお金がかかるマイホーム新築。

どんな家を建てるかが決まると、カーテンや外構の打ち合わせが始まります。

 

 

家の打ち合わせが終わった時点で予算オーバーなのに、カーテンもお金をかけすぎた!

資金が足りない!!

 

 

なんてことにならないように、予算を決めておくのが大事なんです。

 

 

実際にカーテンを選ぶときは、まず予算。

 

  • 予算内で納めるためにカーテンをどこで買うの?
  • どんな種類のカーテンを選ぶか?

 

ついつい調子に乗って予算オーバーなんてことにはならないようにしたいですね。

 

新築戸建てのカーテンは予算を決めてから選ぶのがいちばん

マイホーム新築のカーテン相場っていくらだと思いますか?

 

 

坪当り1万円。

よく言われる相場ですけど、実際は人によってぜんぜんちがうんです。

 

 

ホームセンターで10万円くらいの人もいれば、ハウスメーカー提携店で30万円の人もいます。

高額だと60万円、100万円なんて人もあります。

 

 

カーテンは購入する店や生地などのちがいで価格が跳ね上がるので、相場を考えても意味ないんですよ。

 

カーテンは人によってかけるお金がまったくちがうので、払えるお金(予算)を最初に決めるのが大事。

払えるお金の範囲内で決めれば、高くなりすぎ予算オーバーにはなりません。

 

予算を考えないで品質だけで欲しいものを選ぶと金額が高くなるので注意が必要ですね。

 

予算配分はカーテンよりも家具を優先!

予算が少なくて限りがあるなら、カーテンよりも家具にお金をかけましょう!

 

カーテンはインテリアの一部ですけど、夜にしか使わないカーテンよりのいつも目立つ位置にあるソファのほうが部屋の印象を大きく変えます。

 

  1. マイホームの打ち合わせをして家にかかる総額を決める。
  2. 好きな家具を買うための予算を決める。
  3. 残ったお金でカーテンを決める。

 

 

1から3の順番でお金を割り振るのがいいんです。

カーテンはこだわりすぎると費用が高くなるのに、お客さんがいるときは目立ちません。

 

 

インテリアをお金をかけずによくするなら、カーテンよりも家具を優先しましょう!

 

ハウスメーカー提携先のカーテン屋がオススメですけど、予算の都合が合わなければニトリなどで選ぶのが一番。

 

 

カーテンはハウスメーカー提携店、カーテン専門店、ホームセンターのどこにお願いするのがいいのか?

マイホームのカーテンを買えるお店は何種類かあります。

 

  1. ハウスメーカー提携先のカーテン店
  2. カーテン専門店
  3. ニトリやホームセンター

 

 

一番安いのが3のニトリやホームセンターですよね。

ニトリを利用して、10万円ちょっとでカーテン全てを揃えた人もいるみたいですし。

 

 

だけど、我が家では1のハウスメーカー提携先のカーテン店で購入することにしました。

費用を節約するためニトリも考えてたんですが、ハウスメーカー提携先のカーテン店が予想より安かったんです!

 

 

普通のカーテンだけじゃなくて、和室のプリーツスクリーンや一部ロールスクリーンを含めて予算内だったんです。

 

 

ハウスメーカー提携のカーテン屋を利用すると割高になると言われることが多いですけど、メリットもあるんです。

 

  • 家の引き渡し前にカーテンを取り付けてくれる。
  • カーテンレールやカーテンに不具合があったときにハウスメーカーに相談できる。
  • ニトリやホームセンターのカーテンより質がいい。

 

はじめから考えていた予算内だったし、カーテン専門店やホームセンターにはないメリットもあるので、我が家はハウスメーカー提携のカーテン店で買いました。

 

我が家の新築戸建てでカーテンにかかった費用

25万円です。

我が家はハウスメーカー(ウンノハウス)提携カーテン店で買いました。

 

 

マイホームの打ち合わせを始める前から、営業担当に言われてました。

「カーテンは25万円くらいが多いので、25万円を予算としましょう。こだわるともっとかかりますけどね。」

 

カーテンにこだわりがあったわけでもないので、最初に言われた通りの金額になったんです。

 

 

いつも自社の客が使ってる提携店だからこそ、営業はカーテン費用の相場がわかったんですよ。

おかげで我が家は予算オーバーになりませんでした。

 

ハウスメーカー提携店だとカーテン代も予想がつきやすいし、営業が家にかかる費用といっしょに予算管理してくれるのがいいですよね。

 

 

カーテンはインテリアだから機能にはこだわりすぎない

カーテンの性能の差ってありません。

多少は冷気や熱気をさえぎって、室内を快適にしてくれるカーテンもあります。

 

だけど、窓や断熱材に比べればカーテンの性能なんてないに等しいです。

 

 

窓は「ダブル→トリプル」、「アルミサッシ→樹脂サッシ」に変更すると冷気や熱気をシャットアウトする性能が格段によくなります。

窓のグレードをあげると、冬でも家があたたかく快適に過ごせるようになるんですよ。

 

 

カーテンに性能を求めて高いものを購入するなら、窓の性能を上げる方が最優先。

 

 

カーテンを10万円から100万円に変更したら90万円の増額。

90万円もあれば窓をグレードアップできます。

 

窓で家のあたたかさってどんなに変わる?窓は断熱性能アップのキーポイント

 

カーテンは性能の差じゃなくて、インテリアとして選ぶものなんです。

 

 

さいごに

カーテンが終わったら決めなきゃいけないこともあと少し。

外構や家具くらいしか残ってないですよね。

 

家も完成してくるしワクワクが止まりませんよね。

 

マイホームに住む直前で興奮してる時期だからこそ、高いお金でも払いがちになります。

 

 

最後までしっかり落ち着いて考えていきましょう。

あなたもムリをしてない予算の範囲内で、すてきなマイホームが完成するといいですね。

 

 





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す