住宅ローンの返済と家賃がかぶると生活が苦しい!けど、返済開始は早い方がお得



「いつからローンの支払いが始まるか?」

これからマイホームを検討してる人は気になりますよね。

 

我が家はマイホーム建築中に住宅ローンの返済が始まりました。

住宅ローンと家賃の二重支払いは正直きつかったです。

 

『余裕を持った資金計画がマイホーム購入には何より大事なんだなぁ』って実感しました。

でも、住宅ローンは家賃を払ってるときから返済をはじめたほうが、お得なんですけどね。

 

住宅ローンと家賃の二重支払いは家計がかなり苦しい

我が家が住宅ローンと家賃を払い始めて5ヶ月ですが、家計が大変なことになってます。

 

  • 住宅ローン→10万円
  • 家賃→7万円
  • 毎月の合計→17万円

 

毎月貯金を取り崩しながらの生活です。

貯金がなかったらって思うとゾッとしますよ。

 

住宅ローンの借入額を決めるとき、出来るだけ頭金を増やしたくなります。

(頭金を多くすると借入額を必要最低銀にできるので、月々の返済額と銀行に払う利子が少なくなるから得できるんですよ。)

 

だけど、手持ちの現金をすべて頭金にするのは危険です。

住宅ローンと家賃の二重支払いを乗り越えるには、貯金だけが頼りですから。

 

ポイント
住宅ローンと家賃がかぶると貯金だけが頼り

 

住宅ローンの支払いが始まるのは住宅ローンを銀行から借りてから

住宅ローンの支払いは、銀行からお金を借りた後(融資実行後)から始まります。

ローンの申し込み(事前審査や本審査)をしただけでは返済は始まりません。

 

我が家はウンノハウス 提携銀行の住宅ローンを利用したため、建物が完成する前に住宅ローンを借りることができました。

 

マイホームを建てるには大きなお金を払うタイミングが4回あります。

  1. 土地の購入
  2. 工事着手金
  3. 上棟金
  4. 完成引渡金

 

通常は建物が完成した後でないと住宅ローンは組めず、銀行もお金を貸してくれません。

でも、建物完成前には多くの支払いがあります。

 

建物完成前の支払いをするために、住宅ローンとは別に銀行からお金を借りる(=つなぎ融資)必要があるんです。

 

我が家はウンノハウス の提携銀行を利用することで、つなぎ融資を受ける必要がなくなりました。

(建物完成前から住宅ローンをお金を借りられたので、つなぎ融資を使わなくてもお金が払えたんです。)

 

余計なお金を払わずに済んだ(=つなぎ融資を使わずにすんだ)のは嬉しいかぎり。

だけど、問題もありました。

 

住宅ローンの支払いは、銀行からお金を借りた後(融資実行後)から始まるんです。

マイホームの完成前ってことは、まだ家賃を払って賃貸に住んでるんすよ。

 

 

ポイント
  1. 住宅ローンにはつなぎ融資が必要な場合と不要な場合がある
  2. つなぎ融資は使わない方がお得
  3. 住宅ローンの支払いはお金を借りてから始まる

 

家賃と住宅ローンが二重になる(かぶる)間は利子だけ払う方法もあるが

銀行によっては家賃と住宅ローンが二重になる間は利子だけの支払いにできることがあります。

我が家がローンを組んだ銀行も、利子だけの支払いを選ぶことができました。

 

だけど、我が家は利子だけの支払いは選ばず、最初からローン返済を選んだんです。

 

「利子だけなら返済額が少なくてすむので、家賃も払ってる間の負担が少なくなる!」

いいことですよね。

 

だけど、ちょっと待ってください。

利子だけの支払いってことは、借入額はぜんぜん減らないんです。

 

住宅ローンの返済額を10万円とすると、約7万5千円が借り入れの返済で、2万5千円が銀行に払う利子です。

住宅ローンを払い始めてから賃貸料を払わなくなるまでおよそ6ヶ月間とします。

 

2万5千円が6ヶ月なので約15万円。

6ヶ月間利子だけの支払いにすると、15万円をただ銀行に払うことになるんです。

15万円をただ銀行にあげることになるので、利子だけの支払いは非常にもったいないです。

 

利子だけ払うのは銀行にお金をただであげるのといっしょ。

 

利子だけじゃない住宅ローンの返済をすぐに始めれば、7万5千円の6ヶ月で45万円も借り入れ額を減らせます。

 

よく繰上げ返済はお得って言いますよね。

100万円とかをまとめて返済すれば、その分だけ銀行からお金を借りる期間が短くなるので、払う利子が少なくてすむんですよ。

 

住宅ローンを賃貸に住んでる時から返済するのは、「繰上げ返済で利子支払額を減らす」のと同じです。

「ムダな利子だけの支払いをしたくない!!」から、我が家はローンの返済をすぐに始めたんです。

 

ポイント
  1. 賃貸に住んでる間は利子だけの支払いで月々の返済額を少なくできる
  2. 住宅ローンの返済は賃貸に住んでるときから返した方がお得になる

 

住宅ローンと家賃の二重払い(かぶり)を乗り切るには貯金が大事

夢のマイホーム。

打ち合わせの時は舞い上がってどんどんオプションをつけたくなります。

 

だけど、建てた後にはローン返済という大きな現実が待ってます。

 

住宅ローンを組むときには借り入れ額を可能な限り圧縮したくなります。

持ってる現金すべてを頭金にしたくなることもあるでしょう。

(我が家もそうでした。)

 

だけど、賃貸に住んでるときから住宅ローンの支払いを始めるには貯金が必要です。

銀行への利子は多く払ったからといって、家のグレードが良くなるわけじゃないから節約できた方がいい。

 

私たちに有利な賃貸に住んでる時から住宅ローン返済スタートができるように、手元に現金は残しておいた方がいいかもしれませんよ。

 

ポイント
  1. 利子が少なくてすむお得な住宅ローン返済を賃貸の時から始めるには現金が大事
  2. 頭金に貯金を使いすぎて現金がなくならないように注意しよう

 

さいごに

「ムダなお金を払いたくない」って考え方を最優先したら、住宅ローンと家賃の二重払いになっちゃった我が家です。

 

  1. つなぎ融資でムダな手数料と利子を払いたくない→建物完成前からつなぎ融資じゃなくて住宅ローンを組む
  2. 住宅ローンでムダな利子を払いたくない→家賃を払ってる時から住宅ローンの返済をスタートさせる

 

ムダな支払いは少なくてすみましたけど、毎月なんだか生活がひもじい。

貯金崩しながら生活するのって、あんまり気分良くないですよね〜。

 






シェアしてもらえると嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です