太陽光パネルを設置したら忘れずに補助金をもらおう!住んでる地域によって手続きや額がちがうから要注意

太陽光パネルを新築に設置した時の補助金は手続きをしないともらえないけど、手続きなどは都道府県や市町村によって違うから要注意



最近は、新築で太陽光パネルを設置する人も多くなってきましたよね。

10年間は太陽光パネルで発電した電気を高く買ってもらえるから、設置すると経済的メリットが大きいんです。

 

しかも、太陽光パネルを設置すると発電した電気を売れるだけじゃなくて、補助金までもらえます。

 

でも、太陽光パネルを設置しただけじゃ補助金はもらえません。

ちゃんと手続きをしなきゃいけないんです。

 

太陽光の補助金はしっかり覚えておきましょう。

 

太陽光パネルを設置すると補助金(お金)がもらえる

住宅に太陽光パネルを設置すると、補助金(お金)がもらえます。

太陽光パネルの設置は家を建てるときでも、建てた後でも、補助金(お金)がもらえるんです。

 

補助金(お金)がもらえると言っても、設置しただけではもらえません。

ちゃんと役所に手続きしたときだけ、もらえるんです。

 

ハウスメーカーがあなたの代わりに申請することもできますが、担当がうっかり手続きを忘れ、もらえなくなることだってある。

 

ちゃんと手続きの内容を知ってれば、ハウスメーカーに手続きが終わったか確認することができます。

 

あなた自身が制度を知ってることが大事なんですよ。

 

太陽光の補助金は都道府県と市町村の両方からもらえる

太陽光の補助金(お金)は、都道府県と市町村の両方からもらえます。

だから、太陽光パネルを設置したときは、都道県への手続きと、市町村への手続きをしなきゃいけません。

 

都道府県か市町村のどちらか一方への手続きを忘れないように気をつけましょう。

 

 

すまい給付金や住宅ローン減税が国の制度なのに比べて、太陽光の補助は都道府県と市町村の制度。

 

  • 国の制度→すまい給付金、住宅ローン減税
  • 都道府県と市町村の制度→太陽光パネル設置の補助

 

すまい給付金や住宅ローン減税は国が内容を決めてるので、補助金(お金)がもらえる条件や手続きは全国どこでもいっしょ。

 

だけど、太陽光の補助金は都道府県と市町村がそれぞれ決めてるので、住んでる場所によって補助金(お金)がもらえる条件や手続き方法がちがいます。

 

  • すまい給付金は国の制度だから、手続き方法やもらえる額がどこでもいっしょ。
  • 太陽光の補助金は都道府県や市町村の制度だから、手続き方法やもらえる額は住んでる地域によってちがう。

 

もらえる金額だって、都道府県や市町村によってちがうんです。

 

「住んでる都道府県名 + 太陽光 + 補助金」「住んでる市町村名 + 太陽光 + 補助金」などのワードでインターネット検索してください。

表示されてるサイトの中から、都道府県や市町村の公式サイトを選べば、太陽光の補助金について分かります。

 

環境ビジネスオンラインというサイトを使えば、住んでる都道府県や市町村の太陽光補助金について簡単に調べられます。

 

でも、環境ビジネスオンラインは行政機関が作っている完全に信頼できるサイトではないし、太陽光の補助金があるのに環境ビジネスオンラインには記載されてない市町村もある。

 

太陽光の補助金について、確実に調べるには都道府県や市町村のホームページを自分で確認するのがいちばんです。

 

環境ビジネスオンライン https://www.kankyo-business.jp/subsidy/solar/

 

太陽光の補助金がもらえないと設置の経済的メリットは少ない

太陽光パネルを設置するときに考えるのが、得かどうかですよね。

 

太陽光パネルを設置するか決めるときに、金銭的なメリットだけに注目するのはおすすめしません。

が、人間どうしても金銭的なことは考えてしまう。

 

我が家は3.825kwの太陽光パネルを設置し、費用は税込で997,920円でした。

それに対して補助金は、267,000円です。(市の補助金が114,000円、県の補助金が153,000円)

 

補助金の効果は大きい

  • 太陽光パネルの設置費用→997,920円
  • 県や市町村からの補助金→267,000円
  • 997,920円ー267,000円=730,920円→10年間で73万円の発電ができればお得。

 

太陽光の設置費用から県や市町村からもらった補助金を引くと、かかったお金は730,920円。

つまり、10年間の売電価格が73万円を超えればトータルでお得になります。

 

県や市町村からの補助金がないと、約100万円も発電しないとお得にはなりません。

経済的メリットが太陽光パネルを設置しようとしてる理由なら、補助金は確実にもらえるようにしましょう。

 

太陽光発電は新築につけるとお得?お金で決めると後悔するソーラーパネル

太陽光発電は新築につけるとお得?お金で決めると後悔するソーラーパネル

2017年9月9日

 

確認と手続きをして忘れずにお金をもらおう

家を建てるともらえるお金は、あなたが自分で申請しないともらえません。

 

家を建てたときもらえるお金
  • ZEH(ゼッチ)
  • すまい給付金
  • 住宅ローン減税
  • 太陽光パネル設置の補助金
  • 不動産取得税・固定資産税の減免

 

忘れずにすべて申請しましょう。

規模が大きい会社なら、ハウスメーカーがあなたの代わりに申請してくれることもあります。

 

でも、ハウスメーカーがうっかり手続きを忘れる可能性だってゼロじゃありません。

家を建てるときにもらえるお金の種類が分かってれば、ハウスメーカーに手続きをちゃんとやったか確認できます。

 

ハウスメーカーがあなたの代わりに申請する場合でも、家を建てたときにもらえるお金について覚えておくのがおすすめですよ。

 

さいごに

家を建てるともらえる補助金って多いですよね。

たくさんあるので、ひとつも忘れずに手続きするのって大変。

 

だけど、家を建てるとお金がすっごくかかる。

もらえるお金はちゃんともらっていきましょう。

 

もらったお金で新しい家具を買ったり、旅行行けますからね。

 

新築戸建てオール電化の電気料金はどのくらい?東北でエアコン暖房の光熱費を大公開

2019年2月3日





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です