一条工務店の新築にお宅訪問すれば魅力がわかる!うらやましくて建てたくなるから要注意



我が家はマイホームを建てることにしましたが、一度は一条工務店と契約しました。

だけど、色々な理由から一条工務店を解約。

 

そんな我が家ですが、友人が一条工務店で家を建てたためお邪魔してきました

一度はいいと思って契約した一条工務店。

お宅訪問をし思ったことは、「やっぱりいいなぁ」。

 

だけど、それでも一条工務店を解約して「よかった」と思いました。

 

一条工務店のお宅を訪問してうらやましくなったポイント

特徴的なタイルの外観

まず目に入るのは外観です。

一条工務店と言えば全面タイルが有名ですよね

 

近くで見ると、本当に立派ですよ。

サインディングにある継ぎ目もないし。

サインディングよりも耐久性もあってメンテナンス代がかからないし。

 

「うらやましい」としか言いようがありません。

でも、全面タイルは一条工務店以外だと100万近いお金がかかるので、一条工務店と契約しなかった我が家は採用しませんけどね。

 

収納をどれだけ多くしても追加料金が発生しない

訪問したお宅は、収納が多いお家でした。

一条工務店は、廊下に押入れのような収納を追加してもオプションでお金かからないんですよ

 

だから、収納が多い家を作りやすいんです。

一条工務店以外のハウスメーカーなら、収納を作るごとに追加でお金がかかります。

 

我が家の間取りは少ないと言うほどじゃありませんが、多くもない。

作り付けの収納は使いやすいし掃除もしやすいので、多い方がいいんですよ。

 

キッチンがオープンスタイルだから広く感じる

キッチンはオープンスタイルで、オプションじゃなく標準でカウンターが付いてくるのが一条工務店。

キッチンの延長でカウンターがくるから、とっても広く感じるんです。

 

我が家もカウンターは付けましたが、オプションでお金かかりました。

しかも、キッチンと一体的ではありません。

LDKだと、キッチンがオープンなだけでリビングが広く感じられるんですよね。

 

これが一条工務店のキッチン

これが一条工務店のキッチン

一条工務店公式HPより http://www.ichijo.co.jp/ismart/item/kitchen/

 

扉を引き戸に変更するのが無料

訪問したお宅はドアというドアが全て引き戸。

それもそのはず、一条工務店は開き戸と引き戸が標準で選べるんです。

 

私が選んだメーカーは引き戸への変更はオプションでした。

1箇所で7万円近くかかるから全てを引き戸にする勇気はありません。

 

引き戸がうらやましい。

 

断熱ハニカムシェードはカーテンの代わりに

一条工務店は断熱ハニカムシェードっていうブラインドが標準で付いてきます。

だから、友人のお宅では使ってない部屋はカーテンを使わずに、ハニカムシェードで代用してるようです。

 

カーテン不要であることもいいんですが、ハニカムシェードを下ろしとくだけで断熱性まで高まります

 

お宅訪問をした感想「本当にいいお宅でした」

この一言に尽きます。

いやぁー、一条工務店さんはいい家を作りますなぁ。

 

我が家は画一的な、「ザ・一条工務店」みたいな外観や内装が嫌で解約し、別のメーカーにしました。

(一条工務店で建てる人が多すぎるから、なお目立つんですよ。)

 

ただ、実際に知人が建てた家を見て思ったんですが、

似たような家が多すぎるなんて関係ない。

 

だって、家って他人と比較して自慢するもんじゃない

住み心地が良くて、住んでる本人が満足できる家が理想の家じゃないですか。

ってことを今回のお宅訪問で深々と実感しました。

 

断熱性能とコスパがいい一条工務店を、我が家がやめた理由は高いから!

我が家が一条工務店を選ばなかった詳細はこちら↑

 

それでも一条工務店を解約してよかったと思うたった一つの理由

一条工務店の家を訪問して、本当にいい家だと思いました。

周りに同じような家が多くたって、全然マイナスになることはないんだとも。

 

それでも、一条工務店を解約して思った理由が一つだけ。

 

それは、お金

 

友人はざっくばらんな人なので見積もりと総額がいくらなのかを教えてくれました。

 

なんと、4,000万円前後。

(土地代や諸経費込みの総額ですよ。)

 

ここに太陽光パネルの値段を加えると、4,200万円ほど。

とてもじゃありませんが、我が家の予算では完全にオーバー。

 

家を買う時って予算が一番大事

だって、どんなにいい家でも毎月返済に怯えながら暮らすんじゃ何も楽しくない。

 

マイホームの打ち合わせが進んでローンの返済が始まる直前は、ちゃんと返済をしていけるかすごく不安を感じます。

注文住宅じゃなくて、建売にすればよかったかなぁ、ってくらいに。

 

そんな返済に不安を覚えている我が家では一条工務店のお家は建てられません。

だから、本当に見栄を張って一条工務店で突き進まなくてよかったなぁ、と安心してます。

 

一条工務店を経由したお宅訪問もある

一条工務店で建てたお家を見てみたいけど、一条工務店に住んでる知人がいない人もいるでしょう。

でも、心配ありません。

 

一条工務店では、過去に一条で建てた人の家にお邪魔できる「お宅訪問」をやっています。

我が家も3軒ほどお宅訪問にいきました。

 

お宅訪問は営業さんといっしょに行けるので、気後れする必要はありません。

実際に人が住んでる家を見ることで、一条工務店で家を建てた後のイメージがしっかり湧くはずです。

 

モデルルームだとやたら広いし、綺麗だし、家具も立派だからあんまり参考になりません。

もし、一条工務店との契約を考えているなら、お宅訪問はやったほうがいいですよ。

 

さいごに

マイホームって中古物件、建売住宅、注文住宅、注文住宅でも住友林業や一条工務店みたいなハイクラス。

上を見るとキリがなくて、どんどん高くなってちゃう。

 

だから、見栄や憧れじゃなくて、自分たちの予算に合わせた取得が一番大事。

理想のマイホームを取得した結果、食費もギリギリまで節約するようなひもじい生活は嫌ですから。

 

みなさんもマイホーム取得の際は、予算を第一に。

予算内で満足できる家は何か、よくよく考えましょう。

 

にしても、一条工務店のお宅はいいお家でしたな。

 

一条工務店と契約解除すると契約金の100万円はどうなってしまうのか?

一度契約したものの、やっぱり一条工務店でいいか悩んでる人はこちらをどうぞ↑

 

「ハウスメーカーの選び方」カテゴリの記事をもっと読む。






シェアしてもらえると嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です