一条工務店は宿泊体験をしてから契約を決めよう!断熱性能と全館床暖房は泊まってみないと分からない



一条工務店は全館床暖房、全面タイル、ずば抜けた断熱性能が魅力。

設備がいい割に価格が安いんで人気ですよね。

でも、断熱性能は数字だけじゃ分かりにくいし、コストパフォーマンスはよくても価格は非常に高い。

 

「全館床暖房にはあこがれるけど、そんなに高い家でいいのか」って悩む人も多いでしょう。

住宅は一生に一度の高額な買い物だから、どんどん迷ってくるもんです。

 

そんなあなたにおすすめなのが、一条工務店の宿泊体験。

 

我が家も悩んでたんですが、宿泊体験のおかげで一条工務店と契約するかどうかの決断ができました。

(経験した結果、マイホームは他社メーカーにお願いすることに。)

 

宿泊体験ってめんどくさそうですが、後悔しないためにも必ずやってみてほしいんです。

 

一条工務店の宿泊体験とは?

一条工務店では展示場とは別に、1泊することができる宿泊体験棟を用意しています。

宿泊体験棟には、泊まるのに必要なものが全て準備されてるので、パジャマと着替えだけ持ってくだけで大丈夫。

 

宿泊体験棟にあるもの
  • 歯ブラシ
  • ドライヤー
  • シャンプー・ボディソープ
  • バスタオル・ハンドタオル
  • 子どものオムツ(各サイズ完備)

 

オムツまで準備されてるので、ホテルに泊まるより楽かもしれないくらい。

 

しかも、食事代までかかりません。

宿泊すると大人一人につき2,000円、子ども一人につき1,000円が食事代としてもらえるんです。

 

なんの負担もなく、一条工務店が建てたお家を味わえる夢のような体験。

それが宿泊体験なんです。

 

一条工務店と契約するなら宿泊体験は必須

一条工務店のいちばんの魅力は、「全館床暖房と高い断熱性能」です。

(全館床暖房が標準装備なのは一条工務店くらいですから。)

 

一条工務店を他社と比べるポイント
  • 全館床暖房はホントに快適なのか。
  • 一条工務店の家は他社と比べてどれだけあったかい(断熱性能がいい)のか。

 

でも、この2つって実際に体験しないと他者との比較がまったくできません。

あたたかいかどうかって数字だけじゃ分からないし、感じ方に個人差もあります。

 

だから、一条工務店と契約する前に宿泊体験することをおすすめしたいんです。

 

一条工務店の宿泊体験で我が家がチェックしたポイント

快適を通り過ぎてあたたかすぎる床暖房

1月の真冬に泊ったんですが全然寒くありませんでした。

床暖房は想像していたより、ずっとずっと暖かかった。

 

暖かいというより、暑すぎるくらいです。

 

「冬場でもTシャツで過ごせる」ってブログに書いてる人が多いけど、私も暑くてTシャツで過ごしました。

寝るときも暑かったんで、羽毛布団も使いませんでしたし。

 

冬場にTシャツや羽毛布団を使わないなんて、東北では考えられません。

床暖房だとエアコンのような細かい温度調整はできないんで、暑いときは服装で調整するしかないんですよ。

 

冬場はフリース着て過ごしたり、羽毛布団でぬくぬく寝たり、鍋を食べて体を温めるのが私の楽しみの一つ。

快適すぎて体を温める必要がない全館床暖房は、「ちょっと違うかも」って思いました。

 

吹き抜けがあってもぜんぜん寒くない断熱性能

モデルルームにはダイニングの上に大きな吹き抜けがありました。

「吹き抜けがあると寒い」とよく言いますが、一条工務店の家はまったく寒くありませんでした。

 

寒いというより暑かったんで、断熱性能は本当にトップクラスですね。

 

標準装備のスリットスライダーは見慣れると普通

一条工務店のismartであれば、スリットスライダーが標準装備。

最初見たときは「おしゃれでいいなぁ」って思ったんですけど、すぐ見慣れます。

 

慣れちゃうとただの扉と差はありません。

おしゃれというよりも、取っ手がないので開け閉めしにくかったですね。

 

上げ下げが辛い標準装備の断熱ハニカムシェード

一条工務店は断熱ハニカムシェードが標準装備。

このハニカムシェードは家の断熱性を高めるだけじゃなくて、カーテンの代わりにもなって、お得なんです。

 

ただ、上げ下げに力が必要ですごく大変。

毎日すべての窓のハニカムシェードを上げ下げするのかと思うとげんなりします。

 

カーテンと比べて開け閉めがめんどうなので、使わない人が多いんじゃないかな。

 

我が家は宿泊体験で契約しない決断ができました

我が家も一条工務店にするか悩んでました。

 

  • 冬を暖かく過ごせる全館床暖房にはあこがれるけど、値段は高いし。
  • 断熱性能が良くて標準装備が充実してるけど、全体にかかる費用は高いし。

 

でも、この宿泊体験で気付いちゃったんです。

宿泊体験で気づいたポイント
  • 「床暖房って思ったより快適じゃないな」
  • 「冬場に快適すぎる床暖房は楽しみを奪っちゃうんだ」
  • 「スリットスライダーと断熱ハニカムシェードはあってもなくもて一緒だな」
  • 「自分はフリースを着て過ごしたり、羽毛布団でぬくぬく寝るのが好きなんだ」

 

我が家には一条工務店のメリットは合わなかったんですよ。

おかげで一条工務店との家づくりは見送る決断ができたんです。

 

宿泊体験をして契約しなくてもOK!!

宿泊体験は気になるけど、泊まったら契約しないと食事代の返金が求められるんじゃないか。

こう考えて悩む人も多いでしょう。

 

でも大丈夫です。

宿泊体験後に契約しなかったとしても、なんの負担もありません。

 

我が家の場合はすでに契約してましたが、宿泊体験の1週間後に解約したんです。

宿泊体験をしたからといって、100万円の返金が少なくなることもありませんでしたよ。

 

さいごに

一条工務店は高い断熱性能と全館床暖房などで選ぶ人が増えてます。

ただ、値段が高いので悩んでる人はもっと多い。

 

一条工務店を検討してる人には宿泊体験はぜひ経験してほしい。

あったかさって人によって感じ方が違いますから。

 

あなたも納得できるメーカーを選んで、理想のマイホームが手に入るよう頑張りましょう!

 

 

一条工務店

断熱性能とコスパがいい一条工務店を、我が家がやめた理由は高いから!

2017年2月22日

東北でも床暖房は不要!?快適な床暖房ではなくエアコンを暖房器具に選んだ理由とは!

2017年8月8日






シェアしてもらえると嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です