リクシル、クリナップ、タカラスタンダード、どのキッチンを選ぶ?我が家はおしゃれなリクシル



我が家はウンノハウスでの建築を決めてどんどん打ち合わせしてます。

間取りが決まって水回りの打ち合わせに進みました。

 

水回りは設備を選ぶだけだし、間取りに比べれば余裕だろと思ってました。

でも、いざ決めるとなると悩みますね。

 

水回りでもいちばん憧れるキッチンは悩みまくり。

我が家はおしゃれなリクシルにしましたけどね。

 

候補のキッチンは3つでリクシルクかリナップかタカラスタンダード

我が家が選んだハウスメーカー(ウンノハウス)では3社から選べるんです。

それぞれに強みや特徴があって、悩むんですよ。

 

デザイン抜群のリクシル

リクシルのキッチンはAS。

ASとは、リクシルの「アレスタ」というキッチンをベースに作ったハウスメーカー向けの商品です。

 

(リクシルのキッチンASについて詳しく知りたい方は、『リクシルのキッチンASって何!?と我が家のオススメオプション!!』をご覧ください。)

 

リクシルASの特徴はデザイン。

とくにシンクがカッコいいんです。

 

人造大理石のシンクは排水口が隠れててスッキリしてる。

排水口を隠すだけでキッチンがこんなにステキになるなんて。

 

リクシルだったらステンレスじゃなくて人造大理石がおすすめですよ。

 

人造大理石ならシンクはかわいい色から選べるんです。

ホワイト、ピンク、イエロー、マロンですべてパステルカラー。

キャビネットの扉も選べる色が多いので、お気に入りの配色がきっと見つかる。

 

かわいいだけじゃありません、機能もいいんです!

 

リクシルの排水口は独自の技術で汚れがつきにくい「キッチンくるりん排水口」。

賃貸のキッチンは排水口が汚れやすくてホントにイヤだった。

 

排水溝って汚れると臭いし、触りたくもなくなるから汚れにく排水口っていいですよね。

 

排水口が見えないおかげで汚さがまったくない清潔感のあるリクシルのキッチン

排水口が見えないだけで、実にシンプルですっきり可愛く見えますよね。

「リクシル公式HPより引用http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/feature/feature01.htm

 

 

【2018.7.15追記】

人造大理石(人工大理石)のキッチンって使ったことがないから選ぶの悩みますよね。

  • 掃除がしにくいんんじゃないか?
  • 熱いナベやフライパンが置けなくて使いづらいんじゃないか?

 

我が家は使い始めて5ヶ月になりますけど、ぜんぜん問題ありません。

掃除が大変なんて思ったこともありませんよ。

 

やっぱり気に入ってるかどうかが一番大事なんです。

人造大理石キッチンの掃除について、もっと詳しくしりたいかたは『人造大理石キッチンは掃除がラク!ステンレスと迷ってるなら人大おすすめ』をチェックしてくださいね。

 

人造大理石キッチンは掃除がラク!ステンレスと迷ってるなら人大おすすめ

 

 

ステンレスが強みで清潔感ばつぐんのクリナップ

クリナップといえばクリンレディですよね。

クリナップの特徴は何と言ってもステンレス

 

クリナップはワークトップ(天板)がステンレスなだけじゃんくて、目に見えない部分までステンレスなんです。

 

ステンレスって丈夫だし、金属だから汚れもつきにい。

汚れにくいのは掃除しやすいからありがたいですよね。

 

キッチンもいずれリフォームが必要にはなるけど永く使うもの。

できるだけキレイな状態で永く使いたいから、骨組みがステンレスってのは魅力的ですよ。

クリナップのキッチンはオールステンレスで耐久性もあるし衛生的

「クリナップ公式HPより引用

http://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/sp/feature/stainless.html#eco_cabinet

 

シンクも特徴的で、美サイレントシンクというもの。

水の音が図書館並みに静かみたい。

 

今の賃貸もLDKで、キッチンで洗い物するとテレビの音も何も聞こえなくなるくらいうるさい。

美サイレントシンクでうるさくないなら最高ですよ。

 

ホーローでずっと綺麗が続くタカラスタンダード

タカラスタンダードのキッチンは「オフェリア」。

タカラスタンダードといえばホーローが有名ですよね。

 

ホーローっていうのはガラスと金属で出来てる素材で汚れに強い

タカラスタンダードのキッチンはキャビネットの底板キッチンパネルがホーローなんです。

 

キッチンの中って油や調味料を入れるので汚れやすいんですよね。

キッチンパネルも料理の油がはねるので汚れは相当なもの。

 

お掃除がしやすくなるだけで家事はラクになるし、キレイなキッチンなら気持ちよく使えそう。

 

それにワークトップの人造大理石がアクリル系

人造大理石にはポリエステル系とアクリル系があって、アクリル系の方が高級感があって汚れと熱にも強い

 

だって、人造大理石は汚れやすいってよく聞きますからね。

ちなみにリクシルの人造大理石はポリエステル系です。

 

実物のリクシル、クリナップ、タカラスタンダードを見比べてわかったこと

ウンノハウスの人に説明してもらいながら実物を見てきました。

やっぱり実物を見ると印象も変わりますよね。

 

おしゃれなだけじゃなくて使いやすい工夫がいっぱいのリクシル

1つ目のポイントはキャビネット内に細かい収納が付いてます

 

キャビネットの中が2段になっていたり、おたまなどを収納できるスペースがある。

細々しいものもしまいやすくてキッチンのキャビネット内もすっきりするはず。

他の2社のキャビネットは中に何も棚がないから細かい収納はできません。

 

 

2つ目のポイントは換気扇

 

換気扇にフィルターがないんです。

フィルターがなくてファンがむき出しになってる。

 

汚れにくい構造になってるからフィルターいらないみたい。

ファンもネジが不要で、ワンプッシュで外すことができちゃう

カンタンに外せるなら掃除する気になりやすいですよね。

 

クリナップとタカラスタンダードはファンを外すにはネジを回して取る必要があります。

ネジがないと外せないとメンドくさいから掃除しなくなりそうですよね。

 

ステンレスといえばクリナップ!

クリナップは実物を見て思ったのは、やっぱりステンレスがすごかった!

同じステンレスでも今の賃貸キッチンとはぜんぜんちがくて高級感がありました。

 

ステンレスの表面がボツボツのエンボス加工になってて触り心地もよかったし。

 

そして嬉しい新情報。

なんと、今の期間だけ流レールシンクがサービスでつくみたい。

 

流レールシンクと言えばキッチンを詳しく知らない人でも聞いたことありますよ。

流レールシンクは水流でシンク内に落ちてるゴミを排水口に運んでくれる

 

料理してると細かい野菜クズがシンクに溜まるけど、それを排水口に流してくれるんです。

かな〜りクリナップに惹かれちゃいました。

 

高品質のタカラスタンダード

最初にも紹介しましたが、タカラスタンダードの人造大理石はアクリル系

 

それは知ってたんですが、営業の方が

タカラスタンダードは他の2社と比べて造り込みがいい

と言ってました。

 

人造大理石もやっぱりアクリル系の方が質がいいんだって。

 



我が家はリクシルとクリナップで迷走

キッチンは私よりも妻の方が希望が多いです。

キッチンを使う時間は妻の方が長いですからね。

 

そして、妻としてはタカラスタンダードはないみたい。

理由を聞くと、「見た目がイマイチでわくわくしない。」と。

直感ってやつなんですかね。

 

わくわくさせてくれるリクシル

その妻が言うには「キッチンは見た目がいのち」。

 

我が家は共働きのため、平日にガッツリ時間をかけて料理することはありません。

キッチンを使う時間も短いんです。

 

妻は使い勝手も大事だけど見た目を一番大事にしたいみたい。

LDKだとキッチンってリビングからも見えるし、お客さんにもよく見られる。

 

キッチンはリビングの印象も左右するインテリアの一部なんです

ウキウキする見た目ならキッチンに立つモチベーションも上がるはず!

 

見た目がウキウキするリクシルは最高!

シンクがスッキリしてるし、なによりおしゃれですから。

 

知名度でクラっとくるクリナップ

クリナップで惹かれたポイントは流レールシンクが追加料金なしで採用できること。

 

リクシルはハウスメーカー向けのASという商品ですが、クリナップは通常の商品ラインナップにあるクリンレディ。

クリンレディも流レールシンクもキッチンに詳しくない人も聞いたことがあるくらい有名です。

 

それが追加料金なしで選べる

そう考えると心惹かれちゃいますよね。

 

ウンノハウスでクリナップのキッチンが選べるようになったのはつい最近みたい。

クリナップは標準にするには高かったけど、価格交渉で標準にしてもやってけるくらい安くしてもらえたんだとか。

 

キャビネットはオールステンレスだし、クリナップの方がリクシルより素材の質が高くて間違いないような気がしちゃうんですよね。

それに、タカラスタンダードとちがって見た目もいいし。

 

我が家はリクシルに決定!

いろいろ悩みましたが我が家はリクシルに決定!

 

なかなか決められなかったので、リクシルのショールームで詳しく聞いて決められました。

やっぱり、直接聞きに行くって大事ですよね。

 

キッチンのためリクシルショールームに出陣〜ウンノハウスで家づくり〜

 

決め手は何と言っても見た目!

見た目って大事ですよ。

 

おしゃれなら大事に使う気になるし、掃除だってひんぱんにできる!

キッチンは見た目を最優先がベストですよ!!

 

 

さいごに

キッチンは水回りでも決めるのが難しい設備。

我が家でも一番時間がかかりました。

 

キッチンって性能に差はあるけど、その差を使いこなせるかってビミョーです。

だからどれを選んでもいいんですけど、悩むのも家づくりの楽しみの一つ。

 

悩んで決められなくなったら、単純にどれがいちばん心がはずむかで決めちゃえばいいんです。

 

 

トイレ選びについては『トイレはTOTOとリクシルどっち?おしゃれで汚れにくいリクシルに決定』をチェック。

お風呂選びについては『お風呂をリクシル、TOTO、積水ホームテクノから選ぶ!ほっからり床は最高』をチェック。

 

 

 






シェアしてもらえると嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です