お風呂をリクシル、TOTO、積水ホームテクノから選ぶ!ほっからり床は最高

お風呂選びはリクシル・TOTO・積水ホームテクノから



我が家はウンノハウスでマイホーム計画を進めてますが、今回は水回り第2弾。

キッチンに続いてお風呂です。

キッチンはリクシルかTOTO、積水ホームテクノのいずれかを標準で選べます。

キッチンと違ってお客さんに見られるところでもないし、お風呂は毎日使うもの。

何よりも機能重視で考えていきたいところ。

 

 

お風呂で選べるのは3種類、リクシルかTOTOか積水ホームテクノ

我が家が選んだハウスメーカー (ウンノハウス)は標準でお風呂が3つのメーカーから選べます。

 

  1. リクシル
  2. TOTO
  3. 積水ホームテクノ

 

リクシルとTOTOは定番のメーカーだけど、積水ホームテクノは聞きなれないですよね。

 

 

見た目がおしゃれなリクシルのお風呂

リクシルのお風呂の特徴はおしゃれ。

キッチンもでしたけど、リクシルの設備は見た目がいいんですよ。

 

リクシルのお風呂できになるポイントは3つ。

 

 

水栓がプッシュ式

リクシルのお風呂は水栓がプッシュ式で、ボタンを押すとお湯が出ます。

 

お風呂の水栓は普通はレバー式で回すタイプ。

リクシルのお風呂はプッシュ式だから近未来的でスタイリッシュなんですよ。

 

 

排水口が掃除しやすい

リクシルの排水口は掃除がしやすいくるりんポイ排水口

 

キッチンにもある機能で、浴槽排水を利用して排水口のゴミをまとめてくれるんです

お風呂の排水口は汚れやすくてゴミを捨てるのもイヤなんで、掃除しやすいのは嬉しいですよね。

 

床は掃除しやすくてひやっとしない

床は「キレイサーモフロア」。

お掃除しやすくて、ひやっとしないらしいです。

 

 

他にもいくつか特徴があります。

  • レインO2シャワー(節水シャワーでヘッドを4色から選べる、こういうとこがおしゃれですよね)
  • まる洗いカウンター(カウンターを取り外して洗える)

 

 

床がいちばんの特徴になってるTOTOのお風呂

TOTOのお風呂で気になる特徴は2つです。

 

踏み心地が柔らかくてあたたかいほっからり床

TOTOの目玉は何と言っても床。

床の名前は「お掃除ラクラク ほっからり床」。

 

 

床の表面の下に断熱材が2層も入ってて、W断熱でとてもあたたかいんです。

お風呂の床といえば硬いもんですが、このほっからり床は踏み心地がやわらかい

おまけに掃除もしやすい。

 

 

私はシャワーのとき座らないのでずっとたってるんですけど、仕事帰りだと足が疲れてて立ってるのが辛いんですよ。

 

 

ほっからり床なら柔らかいんだからシャワーのときすっごく楽なはず!

ぜひ、感触を味わってみたい。

 

 

水あか汚れがすぐとれるお掃除ラクラク鏡

もう一つ気になる特徴はお掃除ラクラク鏡

鏡の水あかが中性洗剤で掃除するだけで簡単に落ちるんです。

水あか汚れってすぐにつくので、掃除がしやすいならいいですよね。

 

 

他にもいくつか特徴がありますよ。

  • 魔法びん浴槽(お湯が冷めない)
  • エアインシャワー(節水可能なシャワー)
  • お掃除ラクラクカウンター(カウンターの奥にも手が入り掃除しやすくなってる)

 

 

聞きなれないメーカー積水ホームテクノ

聞きなれないメーカーですが、住宅設備を販売しているメーカーです。

我が家が気になった特徴はとくにありませんでした

 

  • 浴槽が断熱
  • 床が掃除しやすい

 

リクシルやTOTOと同じで機能的にはいいんですけど、とくに惹かれるポイントがなかったんです。

(「リクシル→水栓がプッシュ式、TOTO→ホッカラリ床」のような魅力が我が家には感じられませんでした。)

 

決して劣っているわけではないんですが、我が家の候補から除外しました。

 

 

お風呂を決めるときのポイント

我が家が風呂の決めるときのポイントを整理しました。

 

床が冷たくない

賃貸に暮らしていたときもお風呂はユニットバスでした。

 

でも、冬場は床がひやっとして冷たかったんです。

お風呂の床が冷たいのはすごくイヤでした。

 

シャワーを浴びてるうちに暖かくはなるんですけど、入った瞬間は冷たいと思うとお風呂に入るのもめんどうになります。

お風呂の床はあったかいのが絶対条件ですね。

 

 

床が掃除しやすい

お風呂の床ってどのくらいの頻度で掃除しますか?

我が家では週に1回。

 

換気扇は24時間つけっぱなしですが、1週間もするとピンク汚れが。

ピンク汚れって見てるだけで気持ち悪いですよね。

 

そうじしてもなかなかとれないし。

ピンク汚れを発生させないためにも、床は汚れにくくて掃除しやすいのがいいんです。

 

 

お風呂のお湯が冷めにくい

我が家ではお風呂に入る時間がバラバラです。

息子たちは早い時間に風呂に入るけど、私や妻が仕事で遅くなると入浴が息子たちの3時間後になることも。

 

3時間もたつとお湯が冷めちゃうので追い炊きしてます。

 

入浴後にしばらくたってもお湯が冷めなくて、追い焚きがいらいないような暖かい浴槽にしたい。

電気代だって節約できますしね。

 

 

ほっからり床の柔らかさが気になってTOTOに決定!!

リクシル、TOTO、積水ホームテクノの3つのお風呂を見比べていちばん印象に残ったのは「ほっからり床」。

軟らかさが気に入ったんです。

 

 

硬くはないけど、軟らかすぎるわけでもない

 

 

リクシルのくるりんぽい排水口とプッシュ水栓もいいんですけど、ほっからり床には勝てませんでした。

 

今のお風呂でも排水口と水栓には不満がありませんが、床は不満だらけですか。

(冬場が寒い、掃除がしにくい、硬くて疲れる!)

 

今のお風呂への不満をほとんど解消してくれるTOTOのサザナを選んだんです!

 

 

さいごに

我が家はお風呂の特徴を確認して、自分たちがお風呂に望んでるポイントをはっきりさせたからすんなり選ぶことができました。

 

お風呂はキッチンやトイレとちがって、お客さんに見られることはありません。

使い心地が機能がいちばん大事なんですよ。

 

あなたも後悔のないお風呂選びができるといいですね。

 

 





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す