当ブログが新しくなりました!

リビング収納があると部屋が簡単に片付く!片付けが苦手でもお洒落なリビングにできる



これから家を建てるあなたに伝えたいことがあります。

リビングの収納はちゃんと考えてますか?

 

ウォークインクローゼットやシューズクローゼットは流行ってるので、取り入れてる間取りも多い。

でも、リビングをキレイに保ちながら快適に過ごすなら、リビングの収納についても考えたほうがいいんです。

 

いま住んでる賃貸でもリビングってごちゃごちゃしてませんか。

 

共働きで子どもを育ててるなら家事に時間なんて多く使えないから、平日はなかなかキレイにできませんよね。

我が家も賃貸に住んでたころはリビングがごちゃごちゃでした。

 

みんなが使うものだけじゃなくて、本やゲームなど各個人が使うものをしまっておける収納がリビングにあるのが大事なんです。

個人の私物をしまえる収納がリビングにあると、リビングが汚れずに済むんですよ。

「我が家には階段下にリビング収納があるんですが、ホントにあってよかったなぁ」って思ってます。

 

リビング収納があれば家がおしゃれになる

雑誌に出てくる家って洒落ですよね。

おしゃれに見えるポイント

  • フローリングが無垢材。
  • 置いてあるのが高級家具。
  • 壁がクロスじゃなくて漆喰。

 

おしゃれに見えるポイントはたくさんあります。

でも、おしゃれに見えるいちばんのポイントは『部屋が片付いててキレイ』ってことです。

 

家をおしゃれな雰囲気にしたいなら、部屋に物が散乱しないようにするのが大事なんです。

リビングに収納があれば部屋がちらかりにくいので、おすすめですよ。

 

モノが散らかって部屋が汚れることがない

リビングはみんなが集まる場所です。

 

お茶を飲みながら、雑誌やマンガを読んだり。

スマホやゲームすることもあるし、子どもが宿題したりもします。

 

家族それぞれがリビングに自分の私物を持ち込んで過ごします。

使うたびにちゃんと自分の部屋に持って帰れば問題ないんですけど、使ったあとはリビングに置きっぱなしにしちゃいますよね。

 

自分の部屋が2階だから、使うたびに2階から1階に持ってきて、使い終わったら1階から2階に戻すのがめんどくさいんです。

その結果、リビングに家族の私物が放置され、どんどんリビングが汚れていきます。

でも、リビングに家族の私物をしまえる収納さえあれば問題ありません。

 

リビングで何度も使いたいものは2階の部屋に持って帰らないで、収納に入れておけばいいんです。

モノをしまっておける場所さえあれば、リビングが散らかることもないですよ。

 

掃除機や子どものイスもしまえる

リビングにつくる収納は棚だけじゃなくて、ある程度のスペースを確保するのがおすすめです。

 

収納スペースが大きいと、なんでも入れられます。

掃除機や子ども用のイスだって大丈夫です。

 

我が家は子どものイスも掃除機もぜんぶリビング収納に入れてます。

リビング収納

 

子どもが小さいうちは必ずイスが必要ですけど、しまう場所がないと意外とジャマなんですよ。

ルンバを使うときにどっかに持ってかなきゃいけないし、子どもがいないときはイスがあると大人が床に座れません。

 

子ども用のイスを収納に放り込むことができると、使わないときはリビングがスッキリしていいんです。

 

扉ありのシンプルな収納がおすすめ

リビング収納は扉があると使いやすい

リビングに各個人のものをしまう収納を作るなら、扉をつけるのがおすすめ。

扉さえ閉めれば、中がどんなにぐちゃぐちゃでも見た目がすっきりします。

 

こんなに中身がぐちゃぐちゃでも。

 

扉さえ閉めればあっというまにスッキリします。

扉がついてるリビング収納は見た目がスッキリ

 

片付けや整理が得意な人なら、扉がなくてもキレイに片付けられるでしょう。

でも、共働きや子育てしながら完璧に片付けまでするのはムリです。

(少なくとも私には絶対にできない。)

 

キレイに片付けなきゃ見た目が悪くて気分良く過ごせなくなる扉がない収納よりも、物を雑にしまっても扉さえ閉めればキレイに見える収納のほうがいいんです。

リビングは過ごす時間が長いので、あまり時間や気力を使わずに気持ちよく過ごせる工夫が大事ですね。

 

扉がないと見た目が悪い我が家のリビングですけど。

部屋に散らばってるものをしまえるリビング収納は便利

 

扉があるおげでシンプルライフを送ってる気持ちになれます。

ぜんぜんリビング収納の中身はシンプルじゃないですけどね。

 

リビング収納はシンプルに作るのがおすすめ

収納には壁に固定する造り付けと、お店で買ってくる家具があります。

リビング収納は造り付けの棚は作らないのがおすすめです。

 

我が家はリビングに階段があるので、階段下のスペースを使って収納にしてます。

造り付けの棚は無しでカラーボックス2段を重ねて収納してますけが、子どもの物が増えたらカラーボックスを増やす予定です。

リビング収納は造り付けの棚はなしでカラーボックスが便利

 

収納スペースに造り付けの棚を作らないのは、生活スタイルに合わせて柔軟に対応するためです。

造り付けは壁に固定するので、あとから変更することができません。

 

今は家族が少なくて収納力が足りてたとしても、将来は家族が増えて足りなくなるかもしれません。

造り付けの棚だと増やすことができませんが、カラーボックスなどの家具なら後から買い足しができます。

リビング収納は造り付けにするよりも、カラーボックスなどを使う方が柔軟性が増すんですよ。

 

片付けが苦手な人ほどリビング収納がおすすめ

片付けが苦手な人ほどリビング収納は大切です。

リビングに私物を置いとくスペースがなくても、片付けが得意な人ならちゃんと2階の部屋に持って帰ります。

 

でも、片付けが得意じゃない人はできないんです。

だって、いちいち2階から何度も持ってくるのがめんどくさい。

 

だから、リビングに個人用の収納があると楽なんですよ。

収納があれば物が散乱してないキレイな状態がキープできてます。

 

片付けが得意と胸を張る自信がないなら、リビング収納を作ると生活しやすくなるかもしれませんよ。

 

 

さいごに

リビングをキレイに保つのってホントに難しいでよね。

だって、いちいち物をしまうより、近くに置いといた方が次に使うときも楽だし。

 

賃貸に住んでた頃はリビング収納なんてなかったので、私の物は置きっ放しが多かったです。

いまはリビング収納のおかげで、なんとか片付け出来てます。

 

片付けって意味では、ルンバもいいですよ。

ルンバを使うには床に物を置きっぱなしにできません。

床の物を片付けるだけで掃除機をかけなくてもいいと思うと、自然とキレイにできるんです。

 

床に物を置きっぱなしにするクセがあるのら、ルンバも使ってみてはどうでしょうか。

 

1階の間取りを考えるなら、1階の間取りを考える5つのポイント!家族が笑って生活できる工夫をしようご覧ください。

1階の間取りを考えるための5つのポイントを解説します

1階の間取りを考える5つのポイント!家族が笑って生活できる工夫をしよう

 

間取りに関してもっと読みたい場合は、「注文住宅の間取り」を考えるときに読みたい記事が目次になってるので、興味ある記事を探してください。

「注文住宅の間取り」を考えるときに読みたい記事

 






気軽にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

管理人ごろごろと当ブログ

『趣味はないが子育て奮闘中』をご覧いただき、ありがとうございます。管理人のごろごろです。私とブログの紹介を記事にしたので、気になる人はチェックしてくださいね。