注文住宅のキッチンの選び方!リクシルで人造大理石の食洗機ありが我が家のおすすめ

キッチンの選び方のポイントと厳選記事を紹介



新築のキッチン選びって悩みますよね。

キッチンは使い勝手も大事だし、毎日使う住宅設備なので憧れも大きくなりがち。

我が家も新築を建てるとき、キッチン選びは悩みました。

 

たくさん悩んだおかげもあって、使い始めて1年以上になりますが、キッチンに対してなんの不満も不便もありません。

不満どころかこれからも大事にしていきたいキッチンです。

 

新築に合わせてキッチンを選ぶあなたに、我が家の経験をもとにキッチンの選び方をご紹介します。

 

読んで欲しい人
  • リクシルのキッチンを選ぼうとしてるあなた
  • ワークトップ(天板)を人造大理石にするかどうかで悩んでるあなた

 

きっと役に立つはずです。

我が家が選んだキッチンも、リクシルでワークトップ(天板)が人造大理石のキッチンですから。

 

リクシルとクリナップ、タカラスタンダードからキッチンを選ぶ

クリナップやタカラスタンダードよりも気に入った我が家のリクシルのキッチン

私が家を建てたハウスメーカー(ウンノハウス)では、標準装備の範囲内(追加料金なし)でリクシルクリナップタカラスタンダードからキッチンを選べました。

3つとも有名なメーカーですし、それぞれメリットがあるので悩みました。

 

キッチンメーカーの特徴
  • リクシル→見た目がおしゃれで便利な機能が充実
  • クリナップ→ステンレスが得意で有名な流レールシンクもある
  • タカラスタンダード→キャビネット内のホーローが魅力的で人造大理石の質もいい

 

我が家が選んだのはリクシルです。

リクシルはクリナップやタカラスタンダードと比べて、便利な機能が多かったんです。

 

リクシルの便利なポイント
  • クリナップとタカラスタンダードのキッチン内部はただの収納スペース
  • リクシルにはアシストポケット・シェルフという便利なものが付いてる。
  • リクシルの換気扇はボタン一つで簡単に取り外せるものになってます。

 

リクシルを選んだいちばんの理由はおしゃれな見た目ですけどね。

キッチンは毎日料理や掃除をしたくなるほど好きになれるかどうかのフィーリングがとても大事。

 

いろいろ機能を比較するのもいいですけど、最後の決め手は直感がいいですよ。

ちなみに、我が家が選んだリクシルのキッチンはビルダー向け商品のASというものでした。

 

 

キッチンのシンクやワークトップ(天板)をステンレスと人造大理石から選ぶ

意外と掃除が楽で綺麗が続く人造大理石のキッチン

新しいキッチンといえば、ワークトップ(天板)やシンクは白い人造大理石(人工大理石)のイメージ。

キッチンを新しくするなら、人造大理石(人工大理石)に憧れますよね。

 

だけど、いざ人造大理石(人工大理石)のキッチンを選ぼうとすると悩むはずです。

 

人造大理石のキッチンで気になること
  • 人造大理石(人工大理石)のキッチンは、ステンレスよりも汚れやすくてめんどくさいんじゃないか。
  • 人造大理石(人工大理石)のキッチンは、ステンレスとちがってすぐに傷がつくんじゃないか。

 

我が家は人造大理石(人工大理石)のキッチンですけど、やっぱり悩みました。

でも、1年以上も使った感想なんですが、ぜんぜん悩まなくて大丈夫。

人造大理石(人工大理石)のキッチンを選んでも困ることなんてありません。

 

人造大理石のキッチンを使った感想
  • カラーは真っ白を選ばなきゃ汚れが目立つことはないし。
  • ステンレスと比べて傷がつきやすい、って思ったこともありません。

 

人造大理石(人工大理石)のキッチンが気に入ってるので、自然とキレイに使って掃除するようになりました。

多少のデメリットがあっても、愛着持って使えるものがいちばんいいですよ。

 

 

キッチンに必須の装備・オプションを選ぶ

ハウスメーカーで家を建てるときは、会社ごとに標準装備が決まっています。

あなたの欲しい装備が標準になっていない場合は、追加料金(オプション代)を払って追加しなきゃいけません。

 

ただ、キッチンは様々な装備があるので高額になりすぎないように気をつけてください。

 

キッチンで高額になりがちな装備
  • タッチレス水栓
  • 掃除の手間がほとんどない換気扇
  • セラミックなどの特殊なワークトップ

 

キッチンなどの住宅設備はどんなに豪華にしても、いずれは交換しなきゃいけなくなります。

いつかは交換するものに、大金を使うのはもったいないです。

(少なくとも庶民派の我が家にはできません。)

 

だけど、必ず設置をおすすめしたいオプションもあります。

食器洗い洗浄機ビルトイン浄水器です。

 

便利なキッチンのオプション
  • 食器洗い洗浄機→食器を洗う時間と手間が大幅に減る。
  • ビルトイン浄水器→ペットボトルの水を買ってくる必要がなくなる。

 

食器洗い洗浄機ビルトイン浄水器は、家事の負担を減らしてくれる便利な装備です。

タイムイズマネーなんて言葉もあるし、お金がかかってでも必ず導入したい装備(オプション)ですよ。

 

 

キッチンの間取りでぜひ採用してほしいパントリー

キッチンそのものじゃありませんが、ぜひ採用して欲しいのパントリー。

パントリーはキッチンの近くにある、食料品や調味料のストック、日用品などを収納するスペースです。

 

我が家にはパントリーが2つもあるんですが、かなり便利です。

わかめや昆布などの乾物や、カップラーメンも楽々収納できます。

他にも、お弁当箱に水筒やタンブラー、レシピ本まで我が家はパントリーに置いてます。

 

キッチンは意外と大きくて、収納しにくいものが多いんですよ。

キレイに整理整頓が得意な人ならパントリーはなくてもいいかもしれません。

だけど、私のように収納が苦手な人間にとっては、なんでも置けるパントリーは心強い味方ですよ。

 

 

キッチンが使いやすくなるアイテム

水切りかごを使わず水切りラックを使ってスッキリするキッチン

我が家は水切りかごは使ってません。

キッチンのシンクを広めにして、広くなったとこに水切りラックを置いて生活してます。

 

食器洗い洗浄機があると、手で洗う食器はすごく減るので水切りかごがなくても生活できるんです。

水切りかごがあるとジャマだし見栄えも良くないので、キッチンが新しくなるのに合わせて水切りラックもいいですよ。

水切りラックを使うなら、キッチンのシンクを広くしとくのがおすすめですね。

 

それと、キッチンの床を洗面室のようなクッションフロアにしないなら、キッチンマットは使いましょう。

最近はキッチンマットを使わない人も多いので我が家も挑戦してみたんですが、床が汚れてめんどくさくなりました。

もし、キッチンマットを使わない生活をしたいなら、床をフローリングじゃなくてクッションフロアにするなど対策が必要かもしれません。

 

 

さいごに

キッチンを選ぶのって本当に悩みますよね。

我が家の場合は、たくさん悩んで最初にいいと思ったものを最終的にチョイスしました。

 

自分の心の中でいいものはだいたい決まっていて、後悔したくないから悩んじゃうのかもしれませんね。

あなたも、いろいろ悩んで納得できる自慢のキッチンが選べるといいですね。

 

キッチン以外の住宅設備の記事も読みたい場合は、「新築の住宅設備(キッチンなど)」を決めるときに読みたい記事をご覧ください。

 





スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す